高音だけじゃダメ!? 換声点をスムーズにするには 『チェストボイス』の “裏声” を練習すると良いかも!! | ページ 2

スポンサーリンク

高音だけじゃダメ!? 換声点をスムーズにするには 『チェストボイス』の “裏声” を練習すると良いかも!!

シェアする


スポンサーリンク

ボクの経験上、『切り換え発声』は低音と高音が馴染まない!?

実際に、低音部と高音部が『馴染まない』って悩んでいる人は多いと思います。

そういう人は、多分▼の様な感覚で発声していることが多いのではないでしょうか?

  • 低音 → 地声ベースの発声(チェストボイス)
  • 中~高音 → 裏声ベースの発声(ミドル、ヘッドボイス)

▼ちょっと、イメージして下さい。


ココに、水と油があります。

この “水”“油”分離しないように混ぜて下さい。

・・・

・・・

・・・

さぁ、答えはどうでしょう?

まぁ・・・結論、「無理!!」ですよね( ̄▽ ̄;)

つまり、『地声』と『裏声』は混ざらないんです。

『低音域と、高音域が馴染まない・・・、換声点で引っかかってしまう。』

こんな状態の時は、低音域は地声で歌い、高音域はミックスボイス(裏声)で歌っていると言った感じです。

つまり、切り換え発声で歌っているということですね(^▽^;)(汗)

ボクの経験上、切り換え発声だと声質が変になったり、『換声点』で声質が変わってしまう場合が多いです。

中~高音域で、ミックスボイスが使えるようなったら、低音域も “裏声の延長で発声する” ような感覚で歌ってみて下さい!!(^o^)b

は~い、分かりました~!!
・・・ってなるかい!!(# ゚Д゚)ゴラァ
そもそも、ミックスボイスって何なの?(・・?


③ 次へ:そもそもミックスボイスの発声って、どんな感覚?

① 前へ:地声と裏声を切り換えるのが “ミックスボイス” じゃないの?


トップへ戻る