ミックスボイスの “地声化” は「声帯閉鎖 (喉)」じゃなく、『鼻腔共鳴 (鼻)』を意識するのがコツ!! | ページ 3

スポンサーリンク

ミックスボイスの “地声化” は「声帯閉鎖 (喉)」じゃなく、『鼻腔共鳴 (鼻)』を意識するのがコツ!!

シェアする

記事の最初へ >>

『鼻で歌う意識』を持つことで、鼻腔共鳴を得やすい!!

ボクが発声練習をする時は『鼻』で声を出すような意識で発声しています。

いや、もちろん声は声帯から出るので喉から声は出していますよ(^▽^;)(汗)

あくまで意識の問題で、裏声ハミングの延長で鼻に響かせて声を出しています。

恐らく、太い裏声を出そうとすると多くの人は『喉仏が下がる』と思います。

その喉仏を、意識的に上げてみて下さい。

意識的に上げる時は “裏声ハミングの状態”で、『喉に緊張感のないリラックスした状態』をキープします。

そうすると、裏声ハミングが『鼻にかかった変な声』になると思います。

志村けんの、▼「アイーン」みたいな声です。

そもそも、発声の仕方で "間違った方向" に行きやすい『志村声』。 なぜ、これがミックスボイスの練習に効果的なのでしょうか?

極端に喉仏を上げれば、より『志村けんのアイーン』に近づくと思います。

ちなみに『鼻腔共鳴に “着眼点” 置いてる』ボイストレーニングの本が▼こちらです。

ボイトレをしている人なら一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか? ボイストレーナー DAISAKU さん の名前を。 そして▼のボイトレ本の存在も知っているはず! まぁ、ボクがこのボイトレ本を買った理由は一つ・・・。 ホ...

この本の中に『ニェイニェイエクササイズ』というのがあります。

それが、ミックスボイスを習得するための 『鼻腔共鳴』を得る練習として効果的です!!

・・・

・・・

・・・

歌声は “大きさ” よりも “響き” を意識するとイイよ(^o^)b

ある程度、大きな声が出せる素質があるのであれば『響き』に意識を置いて発声練習をしてみるといいかもな。

・・・

ちなみに、『どのくらいの期間』で体現できるようになるんだ?

それは、ナガセ君の “練習量” と “練習時間” しだいかな(笑)

by ポポまる

記事の最初へ >>


<< 前:”声帯閉鎖 or 鼻腔共鳴” どちらを意識した方がベターなのか?


トップへ戻る