チェストボイス(低音)の裏声が『高音域』と『低音域』をキレイに繋げる “鍵” になる?! | ページ 4

スポンサーリンク

チェストボイス(低音)の裏声が『高音域』と『低音域』をキレイに繋げる “鍵” になる?!

シェアする


スポンサーリンク

低音域も “裏声をベース” にして歌おう!!

前ページ低音裏声を “忍耐強く練習し続ける” 事が大切です!!という話をしました。

えぇ~、結局は “根性論” なの?( ̄▽ ̄;)

う~ん・・・根性論とはチョット違うんだけど、受け取り方次第では “根性論” に感じるかもね(^▽^;)(汗)

・・・

・・・

・・・

ボク自身、根性論の話をしたかった訳ではないです、はい( ̄▽ ̄;)

でも、結論は▼こういうことになりますね・・・。

低音域も “裏声をベース” にして歌おう!!

裏声だと『歌った気になれない』『大きな声が出せない』って問題があるとお伝えしました。

でも、やっぱりそれでも “低音裏声で歌う感覚、意識” ってのはすごく大事なんですね。 

ただ、それでも 『裏声はどんなに練習しても、裏声のままでしかない!』というのが実情です(>▽<;)

でも、チョットしたコツで『裏声を地声のように聴こえさせる』事ができます(^o^)/

あくまでも、ボクなりのやり方ですけどね(笑)

簡単に言ってしまえば、『輪郭のハッキリした裏声(鼻にかかった裏声)』の出し方を覚えることです!!

どんな声か?

▼はサンプル音源です!!(ボクの発声)

輪郭がハッキリした、支えのある地声感の強い裏声【DEMO】
▼BLOG:Crazy Shout ! ! ~ 歌ウマよりも、高さに特化(^o^)/~

輪郭がハッキリした、支えのある地声感の強い裏声【DEMO】

▼の記事で具体的なやり方を話しています。良かったら参考にして下さいな!!

この "太い裏声は" どんなに練習をしても "太い裏声" のままでしかありません(>▽<;) この "太い裏声" に、「○○な声」を追加してあげることで "地声っぽい声 = ミックスボイス(歌声)" を作り出すことができます!! 
そもそも、発声の仕方で "間違った方向" に行きやすい『志村声』。 なぜ、これがミックスボイスの練習に効果的なのでしょうか?

・・・

・・・

・・・

そうか~、低音域の裏声ね~( ̄▽ ̄;)
それは盲点だったな~!!

多くの人が、換声点の克服ができないのは『切り換えて発声する』って考えが根強く浸透してしまった事が要因なんだよね。

そして、そのやり方が『本当に正しいのか?』と言う疑問を持たないことも原因なんだ。

練習は常に “試行錯誤” しろって事だな!!(^o^)b

この辺りで、お後がよろしいようで!!

ではでは~、また~(^o^)/

by ポポまる

記事の最初 >>


<< 前:裏声低音だと、大きな声が出せない?!


トップへ戻る