《図解》音源聴くのが面倒くさい人は、とりあえず図解でミックスボイスを理解しとこ~(^o^)/ | Crazy Shout ! !
スポンサーリンク

《図解》音源聴くのが面倒くさい人は、とりあえず図解でミックスボイスを理解しとこ~(^o^)/

☆広めてもらえると感謝感激です!!

ミックスボイスって「裏声 + 地声」なんて言われていますよね?
でも、ボクとしてはもっとシンプルな発想で良いと思ってます(^o^)b

もっとシンプル?どういうことだよ?

ミックスボイスは・・・歌声!!
ネッ?シンプル・イズ・ベストでしょ?(笑)

ボクは、「地声と歌声は別物」という考えです。

実際に発声している体感として「別物」という感覚です。

それに、歌声で話そうとすると、DJみたいな『HEY!YO!ベイベー!!』的な(?)声になります(笑)(^▽^;)(汗)

スポンサーリンク

ミックスボイスに換声点は存在しない!?

まぁ、ぶっちゃけると存在しないってのは・・・釣りですm(_ _)m

でも、ミックスボイス的な発声ができるようになると「換声点」は体感的に無くなちゃう感じがします(^o^)/

図解で示すと▼以下の様になります。

【図解】ミックスボイスの考え方

図で示しているとおり、地声とミックスボイス(歌声)は別物って考えも一つありなんじゃないかなって思ってます!

ミックスボイスは「裏声を地声のように聴こえさせている」そんな体感ですね、ボクの感覚では(^o^)b

ボクの場合は、地声(話声)と、裏声は混ざらなかった・・・。

ボク自身ね、ミックスボイスを練習し始めた時は「地声と裏声を混ぜる派」の考えだったんだよ!!

でもでも・・・、「混ぜる」という考え方で練習をずーーーーーっとやっていたんですが一向に混ざる気配がなかったんです(^▽^;)(汗)

で、考え方を変えて「裏声を地声化させるのでは?」と思い始めました。

実際、色々調べているうちにとあるサイトにボクと同じ考えが書いてありました。

えーと、サイト名は忘れました・・・ハハハ(笑)

考え方を変えてから、一年でミックスボイスが安定した。

ミックスボイスの考え方を変え、練習方法を見直した結果、約一年でミックスボイスが安定しました。

まぁ、それはボクだけの力じゃなくて「中平 亮」さんというボイストレーナーのチョットしたアドバイスがあったお陰でもあるんですけどね!!

中平氏からは、どんなアドバイスをもらったんだ?

うん、中平さんのアドバイスは「エッジを上の方に持っていくんだよ。」ってアドバイスだったかな!

最初は、声帯を締める「喉締めエッジボイス」を上に持ち上げる練習から始まりました。しかし、コレはすぐに「違う」と解りました。

これだと、喉仏を地声のまま上げるだけの地声ハイラリの状態になってしまいます。俗に言う「志村声」ってやつですね(^▽^;)(汗)

【悪い例】地声ハイラリ/喉締め発声/志村声 のサンプル音源
典型的喉締め発声の悪い例です。地声で高音域を出そうとした時に、こんな感じの声になっている場合は完全に喉締め発声です。 地声のハイラリ状態とも言えます。 志村声とも言われたりしますね(^▽^;)(汗) ========================== ① 高評価をいただけると笑顔になります(^o^)/ ②質問されたりすると、意外と嬉しかったりします!! ③馬鹿にされるとフツーに凹みます(T_T)(泣) ④ピロピロピロピロピッピッピッピッピー♪(^^) ⑤ボクの発声は、裏声を鼻にかけて太さを出す感覚で歌ってます。 以上、ポポまる の扱い方でしたm(_ _)m ========================== ▼BLOG:Crazy Shout ! ! ~ 歌ウマよりも、高さに特化(^o^)/~

【悪い例】地声ハイラリ/喉締め発声/志村声 のサンプル音源

『裏声ハイラリ』が《地声っぽさ》の鍵になる!? 正直な所、あくまでもボクの感覚なので確約はできないです(^▽^;)(汗) でも、ボク自身『裏声が地声っぽく聴こえない』って、メッチャ悩んでたんです!!

エッジ感は「喉エッジ」ではなく「鼻エッジ」を会得することで地声感が強まるのだと練習で気が付きました!

「鼻エッジ」ってのは、裏声を鼻にかける事ですね(^o^)/ 

▼の動画で、裏声を鼻にかけてます!!

鼻腔共鳴のみを【極端】に強めた裏声。(低域倍音カット 0%) 【※響きの割合:高域倍音10、低域倍音0】
鼻腔共鳴のみにフォーカスを当てた極端な声色です。 高域倍音のみを抽出した声です。 この発声は低域倍音を完全にカットしているので、変な声似しか聴こえませんが、ここに低域倍音(太い声)を追加していあげることで安定した声質を得ることができます。 ========================== ① 高評価をいただけると笑顔になります(^o^)/ ②質問されたりすると、意外と嬉しかったりします!! ③馬鹿にされるとフツーに凹みます(T_T)(泣) ④ピロピロピロピロピッピッピッピッピー♪(^^) ⑤ボクの発声は、裏声を鼻にかけて太さを出す感覚で歌ってます。 以上、ポポまる の扱い方でしたm(_ _)m ========================== ▼BLOG:Crazy Shout ! ! ~ 歌ウマよりも、高さに特化(^o^)/~

鼻腔共鳴のみを【極端】に強めた裏声。(低域倍音カット 0%) 【※響きの割合:高域倍音10、低域倍音0】

人によって理想のミックスボイスは違う。

例えば、EXILE系ミックスが「正」なのか、J-ROCK系ミックスが「正」なのか・・・。

はたまた、ボクのように洋楽ROCK系ミックスを「正」とするか・・・。

こういった、人によって色々な偏見の目がミックスボイスには沢山見受けられます。

ですので、ボクのミックスボイスが気に入らない人もいるかもしれませんが、そこはアナタの寛大さと、人柄の良さにお任せします(^o^)/

正直、ミックスボイスには「最適解(ベター)」はあっても「正解(ベスト)」は無いです。

常に模索し続け、自分の気に入る声を探し出してく以外に方法はありません。

誰かに「違う」と言われても、自分が自分の声を気に入っていれば、それが「正解」なのかもしれません(^▽^;)(汗)

【まとめ】地声とミックスボイスは全くの別物!!

改めて図解を出しますが、地声とミックスボイスは別物と考えてもいいと思います。

ボクにとっては、この図解の考え方を持ってして練習したことで「今の発声(ミックスボイス?)」を会得することが出来ました。

▼いちお、歌声のビフォー・アフターです(^▽^;)(汗)

GLAY「Winter Again」を2010年 / 2014年 に 歌ったビフォー アフター!!
2010年 と 2014年に Winter,again を歌ったビフォーアフターです(^o^)/ 2010年 → 張り上げ 2014年 → 裏声ベースの発声 根本的な発声の仕方が変わっています!! ========================== ① 高評価をいただけると笑顔になります(^o^)/ ②質問されたりすると、意外と嬉しかったりします!! ③馬鹿にされるとフツーに凹みます(T_T)(泣) ④ピロピロピロピロピッピッピッピッピー♪(^^) ⑤ボクの発声は、裏声を鼻にかけて太さを出す感覚で歌ってます。 以上、ポポまる の扱い方でしたm(_ _)m ========================== ▼BLOG:Crazy Shout ! ! ~ 歌ウマよりも、高さに特化(^o^)/~

GLAY「Winter Again」を2010年 / 2014年 に 歌ったビフォー アフター!!

正直、この考えに至るまでには15年以上はかかってるんじゃないですかね?(笑)

この15年間が、長かったのか短かったのかは・・・わかりません。

でも、この考えが誰かの役に立つなら「短かった!!」と言えるかもしれませんね(^o^)(笑)

ぜひ、参考になれば嬉しいです!!

by ポポまる

ポポまる強推しの神ボイトレ本♪

ニェイニェイエクササイズは最強なんじゃないか?!ニェイニェイエクササイズ? 何だそれ? って感じですよね!DAISAKUさんのデモ音源をでは聴いてみて下さい!!

高い声の出し方のコツを掴むには唯一の選択かと思います(^o^)/

何より『安い!!シンプルイズベスト!!』ってトコが最高です!!

 

☆広めてもらえると感謝感激です!!

☆よかったらフォローお願いします!!

ブログをメールで購読

【ブログをメールで購読】
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク

◆頂いたコメント!!◆

  1. DUORINGO より:

    声区を切り替えないって考えは、なるほどね。悪くないと思う
    でも、意識しないとひっかかるとは思うけど。


トップへ戻る