フースラーメソード 武田梵声 先生 の言う『支えのある裏声』って、何かロックしてない?(^o^) | Crazy Shout ! !
スポンサーリンク

フースラーメソード 武田梵声 先生 の言う『支えのある裏声』って、何かロックしてない?(^o^)

☆広めてもらえると感謝感激です!!

ボクは、フースラーメソードに関しては一切ノータッチです(^▽^;)(汗)

だから、純粋に思った事、感じたことを書こうと思います!!

ねぇねぇ、フースラーメソードって知ってる?

聞いたことはあるが、詳しくは知らんな。

でも、著者の ”武田梵声 先生” ってイイ声してるよね(^o^)b

スポンサーリンク

武田梵声先生 の『支えのある裏声』とは?

まぁ、実際に音源を聴いてみたほうがいいですね!

▼コチラです(^o^)/

武田梵声 フースラー流 実践ボイストレーニング「純粋な裏声と純粋な地声」
書籍『最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門』(日本実業出版社)の付属DVDの一部を公開! 著者、武田梵声先生の実演です。 書籍詳細:

武田梵声 フースラー流 実践ボイストレーニング「純粋な裏声と純粋な地声」

※0:54 ~ 再生します。

単純にこの声だけ聴いていると「変な声」と誤解されてしまいそうですね(^▽^;)(汗)

この『支えのある裏声』は、言い方を変えると・・・

  • 低域倍音をカットした鼻腔に響かせた裏声。
  • 裏声ハイラリの声。
  • 鼻にかけた裏声。

とも言い換えられると思います。

ボクも同じことやってるんだけどな(^▽^;)(汗)

鼻腔共鳴のみを【極端】に強めた裏声。(低域倍音カット 0%) 【※響きの割合:高域倍音10、低域倍音0】
鼻腔共鳴のみにフォーカスを当てた極端な声色です。 高域倍音のみを抽出した声です。 この発声は低域倍音を完全にカットしているので、変な声似しか聴こえませんが、ここに低域倍音(太い声)を追加していあげることで安定した声質を得ることができます。 ========================== ① 高評価をいただけると笑顔になります(^o^)/ ②質問されたりすると、意外と嬉しかったりします!! ③馬鹿にされるとフツーに凹みます(T_T)(泣) ④ピロピロピロピロピッピッピッピッピー♪(^^) ⑤ボクの発声は、裏声を鼻にかけて太さを出す感覚で歌ってます。 以上、ポポまる の扱い方でしたm(_ _)m ========================== ▼BLOG:Crazy Shout ! ! ~ 歌ウマよりも、高さに特化(^o^)/~

鼻腔共鳴のみを【極端】に強めた裏声。(低域倍音カット 0%) 【※響きの割合:高域倍音10、低域倍音0】

この発声は、武田梵声先生 フースラー で言う所の『支えのある裏声』です。

ちなみに、この動画を作った時点で武田梵声先生の事は知らなかったし、『支えるある裏声』ってのも全く知りませんでした(,,> <,,)

あくまで、独学でボクなりに導き出した声です(^▽^;)(汗)

あ~、でも▼の本は参考にしましたけどね(笑)

武田梵声先生 フースラー の観点から見る『支えのある裏声』の歌手

この『支えるある裏声』は多くの歌手が多用しています。

特に、洋楽ロック、メタルでは多く見受けられます!!

こんな感じで、純粋に『支えのある裏声』だけで成り立っている楽曲があるくらいです!!

という訳で、武田梵声先生の声は・・・ROCK野郎だった!!

それにしても、権威のある先生がやるデモンストレーションと、どこの誰だかわからんボクがやるデモンストレーション(?)だと、信憑性が全然違うんですね(^▽^;)(汗)

ちょっと、フースラーメソード入門に関して興味が出たので▼を買ってみようかなとは思っているんですが・・・。

実際にフースラーをやっている人の意見ってのも聞きたいってのが本音です。

なので、この本を持っている人、実際にやっている人が、例えばアナタがそうだったとしたら、ぜひ本の意見、感想を教えてください。

お願いしますm(_ _)m

本の意見、感想を▼コメント欄か、フォーラムで教えてください!!

武田梵声先生って、メタラーなのか?!

ではでは、また~(^o^)/

by ポポまる

ポポまる強推しの神ボイトレ本♪

ニェイニェイエクササイズは最強なんじゃないか?!ニェイニェイエクササイズ? 何だそれ? って感じですよね!DAISAKUさんのデモ音源をでは聴いてみて下さい!!

高い声の出し方のコツを掴むには唯一の選択かと思います(^o^)/

何より『安い!!シンプルイズベスト!!』ってトコが最高です!!

 

☆広めてもらえると感謝感激です!!

☆よかったらフォローお願いします!!

ブログをメールで購読

【ブログをメールで購読】
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク

トップへ戻る