聴いて真似が出来ない声は、「歌声」として認識できないのではないか?

スポンサーリンク

聴いて真似が出来ない声は、「歌声」として認識できないのではないか?

シェアする

先日、Twitterで↓のツイートを見かけました。

実に的を射た内容だと思ったので、今回はこれを参考に書いていこうと思います。

自分で発音できない音は聴き取れない!?

ボクの見解としては「聴き取り」と「発音」は密接に関連していると思っています。どちらかが出来ればOKという問題ではないです。

それは、耳が不自由な人の場合、自分の声が聞こえないため、発音も上手く出来ないです。

こういった事から・・・

発音できない音は聞き取れない = 聞き取れない音は発音できない

こういう考え方もできると思います。

真似出来ない発声は、「歌声」として自分の中で消化できない。

上記で書いたことから考えられるのは・・・

自分が真似出来ない発声(声質)は、歌声として認識できない。受け入れられない。

こういった心理が働く部分も多少なりともあるのではないでしょうか?

無いね。

チャチ入れるな!!マジメに話してるのに!!(# ゚Д゚)ゴラァ

・・・

・・・

・・・

ボクの場合なんですが↓の歌手の声を、数年前は「マジで、何このへんな声・・・。これで歌手かよ( ̄▽ ̄;)」なんてホザイてました。

Guns N' Roses – Welcome To The Jungle
Music video by Guns N' Roses performing Welcome To The Jungle. (C) 1987 Guns N' Roses

Guns N' Roses - Welcome To The Jungle

今でこそ、それっぽい声も出せるようになりましたし、↑の歌手(アクセル・ローズ)の事も超好きです。数年前とは逆に、むしろ憧れている歌手の一人でもあります。

次 >>:なぜ、アクセル・ローズの声を受け入れることが出来たのか?



トップへ戻る