【ミックスボイスの練習で挫折しそうな方へ】高い声の出し方を当ブログでお伝えします。もちろん無料!

10年以上、高い声の出し方で悩み続けた僕が、
ものの1年でミックスボイスを習得し、
高音の曲も難なく歌えるようになった方法とは?

・ ・ ・

高い声で気持ちよくカラオケで歌っているあなたの姿。

想像しただけでワクワクしますよね。

しかし残念なことに、今……、

「高い声を出したくて練習をしているけど上手くいかない。挫折しそう…」

「ミックスボイスは『地声と裏声を切り換える』といわれているけど、本当に正しいの?」

「短期間で習得できる、もっと簡単な練習方法・アプローチ法はないの?」

このように悩んでいませんか?

日々、高い声を出すために、あなたは頑張っています。その一方で、大して練習もしていないのにミックスボイスを出せてしまう人がいるのも事実。

同じ人間なのに、ミックスボイスが出せる人、出せない人は何が違うのか?

この大きな違いをつくるのは、ミックスボイスへの、ほんのちょっとした小さな考え方の違いなのかもしれません。

高い声で歌えるってだけで、なんでアイツばっかり…!!

あなたには、こんな経験はありませんか?

「カラオケで高い声が出せず友達にバカにされ、笑われ、悔しい思いをした…」

「毎日、練習しているのに、一向に高い声の出し方がわからない、コツが掴めない…」

「高い声で歌えるってだけで、なんでアイツばかりチヤホヤされるんだ!? 俺だってこんなに練習しているのに……!!」

――僕も高い声が出せなかったときは、あなたと同じ思いでした。しかも、10年以上!

そんな僕でも、ちょっとしたきっかけでミックスボイスのコツを掴み、ものの1年ほどで女性曲やヘヴィメタルなどのハイトーン曲を歌えるようになりました。

はっきり言って、何年も高い声の出し方を練習するのは時間の無駄です。さっさとミックスボイスを習得しちゃいましょう。そうすれば残りの時間は歌唱力を向上させる練習に使えます。

僕なりの練習方法ではありますが、やり方は全てこのブログでお伝えします。もちろん無料。情報の出し惜しみはしません。安心してください!

早速、以下で簡単に説明します。

ミックスボイスを最短で習得する3つの考え方

僕が考えるミックスボイスの特徴は3つ。

  1. 低~高音域のすべてで「裏声を地声のように聞こえさせる
  2. それぞれの音域で発声を切り換えないから「換声点が起きない
  3. 腹式呼吸、リップロール、エッジボイスなど「不要な練習はしない

――ある時、ふと考えました。

「地声と裏声を混ぜる」ことと「裏声を地声のようにする」のは、結果的に同じことじゃないか?

それまでは「地声の音域を拡張する」ことばかり考えていました。ですが、「裏声を地声っぽくする」という考えに変えたことで、僕のミックスボイス習得スピードは飛躍的にアップしました。

①すべての音域で裏声をベースにして発声する

僕が考えるミックスボイスは、全音域を「裏声」で発声します。正確には「地声に聞こえる裏声」です。裏声を「鼻にかける」ことで地声っぽくなります。詳しくは別記事でお伝えします。

②切り替えるポイントがないから「換声点」が起きない

ミックスボイスの練習でよく言われるのは「低音は地声、高音は裏声」と、音域ごとに発声を切り替える方法です。

しかし、切り替え発声だと「換声点」が起きやすくなります。そこで「換声点を目立たなくする練習」をすることになりますが、これがとても厄介。時間がかかるばかりか、挫折するきっかけにもなります。

僕のやり方は、そもそも「換声点が起きない練習方法」です。そのため、ミックスボイス習得期間の短縮が期待できます。

③不要な練習を省き、最短でミックスボイスを習得

また、「不要な練習をしない」ことも習得期間を短縮することにつながります。

例えば、腹式呼吸。あなたは「吹き矢」を飛ばせますか? もし飛ばせるなら大丈夫。すでに腹式呼吸はできています。

ではもう一つ。遠くにいる人に大きな声で「助けて!」と叫べますか? 叫べるなら腹式呼吸はできています。

新しいやり方に挑戦する人、しない人?

正直、僕の練習方法・考え方が、あなたに合うかはわかりません。とはいえ、従来の「切り替え発声」で上手くいかないのであれば、ダメ元で試してみる価値はあると思います。

なによりも、あなたはここまで練習を頑張ってきたんです。それを止めてしまうのはあまりにもったいない。自分で自分の頑張りを否定するようなものです。

ここで出会ったのも何かの縁。もう一度、ミックスボイスを習得するために頑張ってみませんか?

以下、5つの感覚がわかる人であれば、僕がお伝えするミックスボイスの感覚を掴みやすいと思います。

  1. 裏声なら高い声が出せる
  2. ハミングができる
  3. 喉仏を上下に動かせる
  4. 女性アパレル店員のような鼻声が出せる
  5. あくびをしたときに喉が広がる感覚がわかる

この中でも①は特に重要です。これがすべてのベースと言っても過言ではありません。もし裏声が出せないなら、これだけはなんとか自力で頑張ってください。

あくまでも、僕は「高い声で歌える人」です

ここで誤解のないようにお伝えします。僕はボイストレーナーではありません。あくまでも「高い声で歌える人」です。

また、周りからは歌が上手いとも、下手とも言われません。カラオケの採点では70点台。数字は正直です。アカペラでワンフレーズ歌った音源を載せておきます。

一部アカペラ 「紅(X JAPAN)」

僕の歌唱力にガッカリした人もいるかもしれません。

言い訳させてください。ずっと高い声を出す練習ばかりで、音程練習、歌唱練習はほとんどやりませんでした。その結果、音程を合わせるのはかなり苦手です。上手く歌うコツもわかりません。

ただ、カラオケに行くたびに「よくそんなに高い声が出せるね!」とは言われます。ですので、高さに関しては問題ないんじゃないかと思います。

「いまは上手さよりも高さ! 何がなんでも高い声を出したい!!」ということであれば、ぜひ当ブログの情報をご活用ください。

追伸

それにしても、カラオケで高い声で歌えている未来を想像すると、なんだか楽しい気持ちになりませんか?

そう、その感覚が大切です。「想像できることは実現する」と言われています。実際、僕もずっとイメージし続けて練習していました。結果、高い声で歌えるようになりました。

上述したように僕は音程合わせが苦手……まだまだ練習の身です。歌が好きな者同士、お互い頑張りましょう。

あなたが高い声で歌えるようになったときは、ぜひ聴かせてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました