もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイス習得の独自戦略!あなたを支える非常識なボイトレ思考

10年以上、高い声の出し方で悩み続けた僕が、
ものの1年でミックスボイスを習得し、
高音の曲も難なく歌えるようになった方法とは?



  • 高い声で歌えるようにミックスボイスの練習している。でも全然うまくいかない…
  • 切り替え発声で本当にミックスボイスを習得できるのか疑問。正直、不安を感じる…
  • ネットで情報収集しているけど感覚的な話ばかり。具体的なやり方を知りたい…

巷では「切り替え発声」が一般的な考え方です。しかし僕はそのやり方で上手くいきませんでした。結果、10年以上時間を無駄にしました。

そもそもミックスボイスの練習方法が難しすぎるんですよね。頭ではわかっていても、体現できないという場合もあります。

もっとシンプルな練習方法でないとゴールが見えません。これでは多くの人がミックスボイス習得前に挫折してしまいます。

そこで僕は発想を転換。あえて「切り替えない」という考えで練習をしました……するとこれが大当たり! ものの1年でミックスボイスを習得できました!!

全音域を裏声ベースで発声する「切り替えないミックスボイス」。この非常識な思考が、あなたの悩みを解決するヒントになるかもしれません。

より効率的に、より短期間でミックスボイスを習得!

はじめまして。ワク丸です!→プロフィール詳細

ワク丸

「高い声で歌えるようになれば、悩みの9割以上が解決できる」

――割と本気で、そう思っています。

高い声の出し方で悩んできた僕だからこそ、同じ痛みを持った貴方に寄り添えると信じています。

ただのカラオケ好きの僕に何ができるかわかりません。だとしても、悩んでいる貴方の痛みに寄り添えるよう、努めていきたいと思います。

フォローする

当サイトは数多くの検索キーワードで上位表示されています。

たくさんの人に読んでいただける結果となり、感謝の気持ちでいっぱいです。今後も読者のみなさんの痛みに寄り添った記事を書き続けていこうと思います。



早速ですが、当サイトでお伝えする「切り替えないミックスボイス」には2つの特徴があります。

  1. 全音域を裏声ベースで発声するから換声点が発生しない
  2. 不要な練習を省けるから習得期間の短縮が期待できる

ただし裏声はそのままでは弱々しいので、地声のように強く発声できるようにします。コツは「裏声を鼻にかける」だけと、いたってシンプル。

詳細はこちらをご参照ください。

全音域を裏声ベースにすることで、換声点付近もスムーズに上下行できるようになります。

以下の動画でも全音域を裏声ベースで歌っています。



僕はそれまで「切り換え発声」で練習していました。それが原因で10年以上、悩み続けることに……。

換声点を克服する、馴染ませることにもう悩まない!

切り替え発声だと「換声点」が発生します。それを「克服する練習」「馴染ませる練習」が必要です。じつはこの練習が、皮肉にもミックスボイス習得を長引かせる原因なんです。

全音域を裏声ベースで発声すると換声点が発生しません。結果、必要のない練習を省略できるので、ミックスボイスを習得する期間の短縮が期待できます。

事実、全音域を裏声で発声する「切り替えない発声」で練習したら、ものの1年でミックスボイスを習得できました。

マイクを握ると友達は笑った。でも高い声を出した瞬間――!

――ちょっと想像してみてください。これはミックスボイスを習得したあなたの未来の姿です。



あなたは友達とカラオケにいます。薄暗い室内、デンモクで曲を入力。

「お前、これ歌えないじゃん!(笑)」

友達が笑いました。

曲が流れ、あなたが歌い始めると……!

「えっ、マジで? お前なんで高い声で歌えんの!?」

驚き、そして悔しがる友達。

高い声で歌えるようになったあなたを笑う人はもういません。

――ズバリ聞きます。こんな未来、ワクワクしませんか?

「裏声を地声っぽくする」というコツを知っているか知らないかで、このように命運が分かれるかもしれません。

この練習方法は僕の完全オリジナルということではなく、ボイトレ本やネットの情報、ボイストレーナーからのヒントを基にしています。

僕はボイストレーナーではありません。カラオケ好きの素人です。当サイトの内容は僕の経験則を元にしたものです。

ミックスボイス挫折者のための “非常識” な練習方法!

ミックスボイスを簡単に言ってしまえば、

「裏声を出す×喉仏を上げる×喉を開く=ミックスボイス」

これだけ。いたってシンプルです。

もちろんコツを掴むまではいろいろと試行錯誤が必要です。僕の場合は1年間、毎日、数時間以上は練習していました。

いま、あなたが「切り替え発声」でつまずいているなら、僕のやり方を試してみてください。現状を打破する突破口になるかもしれません!

追伸

「ミックスボイスが簡単に習得できる!」なんて野暮なことはいいません。正直に告白すると……それなりに難しかったです。

でも諦めたらそこで終わり。挫折してもいい、転んでもいい。ただ必ず起き上がってください。立ち上がりさえすれば、前に進むことができます。

「失敗=終わり」ではありません。その逆です。失敗するから改善点が見えるんです。 このサイトを通して、あなたが立ち上がり続ける手助けができたら幸いです。

僕もまだまだ練習の身。お互い頑張りましょう!



\ 切り替えない思考 /

\ 練習方法はこちら /

タイトルとURLをコピーしました