一度は、“ボイトレスクールに通った” ボクが、なぜ 『独学』でボイトレする事にしたのか? | ページ 2

一度は、“ボイトレスクールに通った” ボクが、なぜ 『独学』でボイトレする事にしたのか?

ボイトレスクールに通ったことで “歌えない状態” になった。

まあl、簡単に言っちゃうと、ボクはボイトレスクールに通って喉壊しました。

その時に教わってた女のボイストレーナーが、張り上げミックスに対して・・・。

「良いよ!OK!そうそう!その調子!もっともっと声出していこうか!!」

って言うもんだから、どんどん声を出していったんです。

で・・・

ボク「先生・・・、喉がチョット・・・。」

女トレーナー「大丈夫!!声出してれば調子良くなるから!!」

そしたら、その日のレッスン終了後に喉に違和感が・・・(>▽<;)

案の定、次の日から “声が出ない” 状態になりました。

正確には “歌えない状態” ですね。

もうダメだ・・・ トレーナーを変えてもらおう・・・

結局、ボクはトレーナーを変えてもらいました。

↑で話した通り、原因は女のボイストレーナーです。

まぁ、喉を壊すって前から「コイツ・・・ダメだな。」とは思っていたんですよね( ̄▽ ̄;)

その女トレーナーは、貴重なレッスン時間を「毎回、毎回、毎回、毎回、おしゃべりで半分潰す」そんな人だったんです。

ボクとしては、1回のレッスンに “1万円” はかかっているんです。

日銭で、10000円稼げる仕事なんて、フツーの仕事してたらムリですよ・・・(笑)

それを、毎回潰されてたらね~。。。

(# ゚Д゚)ゴラァ ってなりますよ(笑)

あとは、ボクが「これで大丈夫なのか??』と、思いながら発声していた張り上げたミックスボイスを、『正しい!!OK、OK!!』と言いはった。

それを信じきったボクも馬鹿でしたけどね。

で、結果的に喉を壊したという感じですm(_ _)m

とりあえず、トレーナーを変えてもらうことは出来ました。

そして、新しく変わったトレーナーが、ボク的には「すごく真面目な先生」で、この人に会ったことで『独学をしようと決意!!』した訳なんですね!!


次へ >>:新しいトレーナーの一言で『独学をしようと決意』した!!

<< 前へ:『通えば、上手くなれる』と思ってしまった・・・。


トップへ戻る