「ミックスボイス練習で裏声が出なくなった」→ 張り上げ発声の可能性あり! 声の出し方を一度見直してみよう!

Image by Alexandr Ivanov from Pixabay

「ミックスボイスの練習をしたことで裏声が出せなくなった」

たまにこんなことを言う人がいますが、私は「裏声が出なくなったのは、張り上げ発声が原因」だと考えています。

ミックスボイスは裏声をベースに発声します。つまり裏声が出せなくなるということは、根本的な発声が「張り上げミックスボイス(以下、張り上げミックス)」である可能性が考えられます。

■「張り上げミックス」と「裏声ミックス」の見分け方

「張り上げミックス」で歌っている場合、以下のような特徴があります。

(1)声量が大きすぎる
(2)換声点付近の音(A5[ラ])より上の高さで苦しくなる
(3)喉の筋肉が疲れて、高音域の歌を最後まで歌いきれない

(4)地声と裏声を切り換えて出している
(5)地声と裏声がスムーズにつながらない

一方、「裏声をベースにしたミックスボイス(以下、裏声ミックス)」で歌っているときの特徴は以下です。

(1)適度な声量で歌える
(2)換声点付近の音より上の高さも楽に歌える
(3)疲労感が少ないため、高音域の歌を何曲でも歌うことができる
(4)地声と裏声を切り換える感覚がない
(5)地声と裏声がスムーズにつながる

すでにお気づきかと思いますが、「張り上げミックス」と「裏声ミックス」の特徴は正反対になっています。「裏声ミックス」で歌えているならそのままで大丈夫ですが、「張り上げミックス」は百害あって一利なし、です。

■「裏声ミックス」で発声するには?

ではどうやって「裏声ミックス」に改善すればいいか? まずは「裏声」を発声できるようにすることです。

次に、裏声が出せるようになったら、それを「地声っぽく聞こえさせる」ことで裏声ミックスが完成します。なお「裏声ミックス」の練習方法は以下の記事をご参照ください。

■「張り上げミックス」は喉を痛める

自分の発声が「張り上げミックス」だった場合、発声や練習の方向性を見直してみるといいでしょう。練習の方向性が間違っていると上達の妨げになります。また「張り上げミックス」は喉を痛める原因にもなります。

長い目で見たときに、張り上げミックスはデメリットしかありません。実際、私は過去に張り上げ発声で歌っていたことがありますが、それが原因で喉を痛め、しばらくのあいだ歌うことができませんでした。もちろん裏声もうまく出せませんでした。

喉に負担が少ない「裏声ミックス」を習得することで、「裏声が出ない」という状態は改善されるはずです!

文:P丸

タイトルとURLをコピーしました