「裏声ハミング」はミックスボイスのコツと感覚が掴みやすい

スポンサーリンク

ミックスボイスは、裏声の練習が重要です。よく、「ミックスボイスは裏声の感覚なのか?地声の感覚なのか?」と聞かれますが、私が発声している時の感覚は裏声に近い感覚です。

私のミックスボイスの定義は、

  • 地声 = 喉声
  • ミックスボイス = 歌声

ミックスボイスは高音域だけで使われると思われがちです。しかし、ミックスボイスというのは、低音~高音域にかけた「歌声」です。

■ミックスボイスのコツは、裏声でハミングする練習

演歌歌手の歌声はミックスボイスの参考になると考えています。八代亜紀さん、美空ひばりさん などなど演歌、歌謡系の人は意外と声が鼻にかかっている人が多いです。鼻にかかると言うと「鼻声」と勘違いするかもしれませんが、そうではありません。よく響いていると言ったほうがいいですね。

また、洋楽歌手は結構鼻にかかっています。ジャニス・ジョプリンという歌手はJ-POPではあまり使わないような発声をしています。

Janis Joplin- Summertime

彼女の声は衝撃的です。でもこの発声も実はミックスボイスなんです。こういった発声をするときも、鼻腔共鳴させる必要があり、それにはハミングの練習が有効です。

J-POPの発声も、こういった発声も、基本的はな部分は同じで、やはり裏声が重要にです。

■ハミングでは大きな音が出ない やっている気がしない

とはいえ、ハミングをやっていると「ハミングでは大きな音が出ない。やっている気がしない」こういった悩み出てきます。私はそうでした。ただ、ハミングの目的は大きな声を出すことではありません。あくまで歌う時に無意識レベルで鼻腔共鳴をさせる練習です。

ミックスボイスは、裏声で鼻に響かせるように声を出します。ハミングは、音こそ小さいですが鼻に響かせる練習になります。あくまでも響きを感じる練習なので、大きさは必要ありません。

■声楽発声から、ハードロック、メタル発声、ボカロ、J-POP全てに応用できる

歌は、全ジャンル響きのある声で歌う必要があります。声の太さ、細さこそジャンルによって変化しますが、基本となる発声は全て裏声をベースにしたミックスボイスです。

ミックスボイスと言うと高音域ばかり意識されがちだが、そうではありません。低音域~高音域にかけた歌声を「ミックスボイス」といいます。こちらの記事「【図解】換声点の無いミックスボイスのイメージ」で図を使って説明しています。

■ハミングは低音域~高音域まんべんなく

ハミングは高音域ばかりではなく、低音域、中音域もしっかりと練習しましょう。というのも、高音域ばかりやっていると、高音域は得意になります。しかし、低音域・中音域をやっておかないと、その音域は苦手なままで強く出せなくなります。

そうなると、張り上げ発声や、大声で声量をカバーしようとしてしまい、良くない発声になってしまいます。さらに、換声点も起きやすくなります。

切り替えて出そうとしているのであれば、発声を見直してみるといいでしょう。

▼地声のような裏声を出すには、この本が役立ちます!

タイトルとURLをコピーしました