過去の自分よ。ミックスボイスを出したいなら、調べてばかりじゃなくて練習しろ!!

拝啓、過去の自分へ。

お前、ミックスボイスのコツを検索してばっかりだな。

まぁ、高い声出したいもんな。気持ちはわかるよ。

でもな、コツを検索するよりもミックスボイスが出せるように近づく方法がある。

それは、たくさんの歌手の声をただ、ひたすら聴き声質の研究をする事だ。

・コツは意外にシンプル

なぁ、ポポまるよ。

ハッキリ言うと、コツは裏声だ。

好きな歌手の音源を何回も何回も聴いているうちに、自分は最終的に「やっぱり裏声なんだな!」という感じで、たどり着いた。

ちゃんと練習して、ミックスボイスが出せるようになった人は何気に裏声の要素たっぷりで発声している。

導入練習は、鼻にかけるハミングの練習。要は『鼻声』だ。

鼻にかけた裏声ハミングで、鼻の奥の方に響いている感覚、ジリジリした感覚はあるか?

感じられないなら出来ていない。

理屈の検索よりも、練習量の方が大切だ。

終始、鼻声で歌えと言っているわけではない。あくまでも導入練習だ。

・「もともと上手い人」なんて存在しない。やっぱり練習量。

過去の自分よ。

検索ができなかった昔の人はどうやって上手くなったんだ?

「もともと上手かった人たちだ」なんて言い訳はするなよ。

例えば、生まれた時からレベル5で、プロ並みに野球がうまい人なんて存在しない。

つまり、もともと上手い人なんているわけがないんだ!

別な例えをするなら、生まれた時から超絶にデブってる人っているか?

デブは、ちょこちょこと、何かいつも食べてるからデブなんだ。

ちょこちょこと、人よりも練習を積み重ねた人が「上手い人達」なわけだよ。

・出来ない人の共通点

ポポまるよ。

それを踏まえて言うのであれば、下手なお前にも言える事がある。

それは、なんだかんだ無駄なことに時間を使って練習をしていないってことだ。

どうだ?思い返してみな。

今日、ずっとPCやってる時間帯がなかったか?

テレビ見ている時間はどうだ?

そこの部分を5分でも練習にまわせ!!

・ポポまるよ。お前の努力が足りないってことだ!!

もっと、好きなアーティストの声を自分が思っている以上に聴いてみると何か発見があるはずだ!

どのくらい聴くべきかは、お前自身の基準を優先するんだな。

ただ一例として、自分は「聴く」というより、日常的なBGMとしてずっと流しておく感じで「聴き流し方式」を採用している!

そうすると、ある時『はっ!?』と気付きがあるんだ。

・ハミングや裏声の練習は重要。鼻への響きを感じて!

ポポまるよ。

「出来る出来ない」というよりも、出来るまでやってみてくれ。

不安を解消するには、練習あるのみ。

まずは、ハミングや裏声の練習をしてみて欲しい。

でも、喉声ハミング声は意味が無いから気を付けてくれ。

ハミングや裏声に関する記事は▼を読んでおきな。

・理屈は、実践では役に立たない時もある

歌は、理屈だけじゃ説明出来ない。

感覚や、感情を大切にした方が良い時が多々ある。

ボイトレは結果を早く求めすぎると苦痛に感じやすい。

あくまでも、無理をしない練習をロングスパンで続ける事を念頭に置いてもらいたい。

「短期間で出来るようにしたい」って気持ちは解る。

でも、それだと実は続かない原因で、挫折しやすいんだな。

だから、それに関しても別の記事にしてある。

ポポまるよ。どうせ暇だろ?読んでおきな。

練習は大変だ。

いかにしてソレを楽しめるようになるかも、ひとつの課題と言ってもいいかもしれない。

また何かあれば聞きに来てくれ。

じゃあな。

スポンサーリンク