話し声と、歌声は違う。低音と高音を切り変えることは無い。

拝啓、過去の自分へ。

今回は「話し声と歌声は違う」という話をしようか。

歌が上手いと言われる奴の一部に、低音域で歌っている時は上手いが、高音域に入ると出なくなる奴がいる。

そういう奴は、低音域を話し声のまま歌っている可能性が高い。

低音域は話し声でも出せる。しかし高音域は、そうはいかない。

話し声のまま高音域を出そうとすると、張り上げたり喉を絞めてしまうから発声しにくい、もしくは発声できなくなる。

・「話し声」から「ミックスボイス(歌声)」に変える必要性。

高い声を、話し声のまま出そうとすると『張り上げ』『喉絞め』の原因になりやすい。またデメリットもある。

・▼張り上げ or 喉絞め デメリット▼

  1. 喉が痛くなりやすい。
  2. 曲の後半で疲れてしまう。
  3. カラオケで長時間歌うと、声がかれる。
  4. そもそも、高音が出しにくい or 出ない。
  5. 『い』段、『う』段の発声がしにくい。

上記のような問題が出てくる。だから『話し声で歌う』事から『ミックスボイスで歌う』必要性が出てくる。

そして、実はもう一つ問題があるんだ。それは・・・。

・『低音域と高音域の発声を切り変える』という発想

ポポまるよ。

今の自分に『声を切り変える』という概念はない。

切り変えて発声すると声質が変わってしまう。

低音域~高音域まで同じ発声のままであれば、切り変える必要なんて無い。

歌っている最中に、違う声になったら変だろ?

切り変える位なら、ずっと裏声のまま歌ってた方がマシだ!!

こっちの記事【ボイトレコラム】自分が今まで、チェストとヘッドをスムーズに繋げて、ミックスボイスを発声する為にやってきた事。【音声解説】で切り変えるだの、切り変えないだのって話をしているから、読んでみな。

・ミックスボイスの練習方法。

練習方法はすでに、別記事にしてある。そっちを参考にしてくれ。

ただし、ミックスボイスを練習するにあたって注意点がある。

・低音ミックスボイスは難しく、挫折しやすい。

低音ミックスボイスの練習は、まず『低音の裏声』の発声練習をする事になる。

最初は出し慣れないので難しいし、声が大きく出せない。

声が大きく出せないのは、意外とフラストレーションが溜まる。

そして『低音の裏声』の練習だけでは地声っぽくならないんだな・・・実は。

そこで、地声っぽく聴こえさせるのに重要になってくるのが、以下の記事だ。

一朝一夕で出来る様になるモノではない。低音ミックスボイスを安定させるには『根気』『時間』が必要だ。

・練習をやめてしまう奴も多い。

結構、地道な練習だ。

だから、この段階で低音ミックスボイス練習をやめてしまう奴が多いのも現状だ。

すると、低音域を前の歌い方で発声しようとするから、低音域と高音域が繋がらず『換声点』で声が切り変わるという問題が再浮上する。

結局、今までと何も変わらない事になってしまう。

・自分が、自分に『一喝!!』

高い声が出ないのであれば『歌声と話し声は別物』と考えた方がいいだろう。

低音域~高音域まで切り変えて発声する事は無い。同じ発声のまま歌うんだ!!

過去の自分よ。

胸声(チェスト)、中声(ミドル)、頭声(ヘッド)の発声はざっくり言ってしまえば、基本の出し方は同じだと思っていい。ただ、感覚的な話になると厳密には違うんだけどな。

お前は必ず『高い声』が出せるようになるから安心しな!!

今の自分が、その『証明』だ。

また、何かあれば聞きに来てくれ。

じゃあな。

・歌声は基本『裏声』。裏声を地声のように聴こえさせるにはコツがある。そのヒントがこの本に書いてある!!

スポンサーリンク