裏声が出来たら、次はヘッドボイス。その名も「目玉オヤジ声真似」練習法だ!!

拝啓、過去の自分よ。

お前は、もともと裏声が出せる。なら今度はヘッドボイスの練習を始めてみな。

ヘッドボイスはメタルやハードロックを歌うには必須だ。

まぁ、せめて『A5(ラ)』位のシャウトは出せないと、洋楽のメタルやハードロックを歌うにはキツイだろうな。

それに伴い、今回はヘッドボイスの導入練習を教えよう。

その名も「目玉オヤジ声真似」練習法だ!!

・この記事も一緒に読んでおきな!!

▲この記事に、裏声を地声のようにするための練習方法の流れが書いてある。一緒に読んでおくことをオススメする。

・ヘッドボイスを使った曲の一例。

目玉の親父とは、ゲゲゲの鬼太郎のキャラだ。あの声は完全なるヘッドボイスだ。メタルやハードロックでガンガン使うハイトーン部分の声だ。

↓ の曲の冒頭のシャウトなんか完全にヘッドボイスだ。試しに一曲丸々聴いてみな!!

そもそも、なぜ「目玉オヤジ」を例に挙げたかというと、認知度が高いからだ。説明時に声のイメージがしやすいからな。特に深い意味は無い。

目玉オヤジがどんなキャラかGoogle画像検索結果を載せておく。→ google画像検索「目玉オヤジ」

・目玉オヤジの発声は効果的

ポポまるよ。

試しに、今の自分が『目玉オヤジの声真似からの・・・シャウト! !』をやってみた。

実例がある方が解りやすいだろ。

聴いてみな。

▼ヘッドボイス導入練習。目玉オヤジの声真似からの・・・シャウト! !

この記事を書く、約5年前くらいの話だ。

自分が、「目玉オヤジ」の声真似がヘッドボイスの練習になると知ったのは。

高い声が出したかった当時の自分は、その情報を知れて嬉しかったのを覚えている。

そして、無心に練習した。

今は、ヘッドボイスを応用して↓のようなシャウトが出来る様にもなった。

「目玉オヤジ声真似」練習法は、自分の中では効果的であったと言える。

ただし、無理はするなよ。喉を痛めると練習も出来なくなるからな。

その辺は、しっかりと自己管理をするように!!

・自分が、自分に『一喝! !』

裏声ができたら、ヘッドボイスを出せるようにしろ。

そのためには、「目玉オヤジ声真似」練習法が効果的だ!!

少なくても ポポまるよ、お前には合っているやり方だ。

ポポまるよ。

高い声なんて出せなくても歌う事はできる。

しかし、お前はいずれ、HR/HM に目覚める!!

HR/HM を歌うには、必ず高い声を出せることが必須になる。

それに備えて、今から練習しておきな。

とにかく練習だ!!

じゃあな。

・ROCKやりたきゃ、この本読んどきな!!

スポンサーリンク