ミックスボイス初心者のカラオケ時の注意点。『音量は上げ過ぎないように!!』

ミックスボイスが使えるようになったばっかりの時は嬉しくって、たくさんカラオケに行きたくなると思います。

だけど、ミックスボイスが使えるようになったばかりだからこそ注意して貰いたいことが・・・。

それは、マイク音量とミュージック音量。

では、ミックスボイス初心者が注意すべき、マイク音量とミュージック音量について話していきましょう。

・ミュージック音量の上げすぎに注意!!

カラオケは、ミュージック音量を爆音にして歌うとスゴく楽しいです。

だけど、ミュージック音量の上げ過ぎは自分の声が聞こえなくなる原因なり、それが原因でミュージック音量に合わせて無理に声量を出そうとしてしまいます。

ミックスボイスが使えるようになったばかりの人だと、声が安定していないので声量もあまり出せません。

安定していない状態で、大きなミュージック音量に合わせて、無理に声量を出すと、ミックスボイス習得前の発声に戻ってしまいます。

それは、ミックスボイス習得前の発声のほうが大きな声で歌いやすいからです。

家ではミックスボイスが使えるのに、カラオケだとミックスボイスが使えなくなってしまうという悩みを聞いたことがあります。

家で歌っているときはカラオケ環境より周囲が静かなので、小さな声のミックスボイスでも

『自分は声量も出てちゃんと歌えている』

と錯覚しがちです。

だけどカラオケ環境では、家で歌う時の倍以上の音楽がなっているので、安定していないミックスボイスで無意識に、自分の限界を超えた声量を出そうとしてしまいます。そうなると、

『家では出せるのに、カラオケでは出せない・・・』

ということになります。

・上記の説明を数字で示してみます

※自分のMAXの声量は 10 としておき、マイク無しと仮定します

家で歌う場合

  • 周りの音(2) : 自分の声量(10)

 カラオケで歌う場合

  • 周りの音(25) : 自分の声量(10)

カラオケだとミュージック音量がカナリ大きいので自分の声が小さく聞こえます。

ですので、ミュージック音量を自分の声量に合わせるか、声量を、マイクを使って増幅しミュージック音量に合わせる必要があります。

そうすることで、限界を超えた声量を出そうとしないので、ミックスボイス習得前の発声に戻ってしまうことを防ぐことができます。

ただ、ミュージック音量が大きすぎる状態でマイク音量を上げるとハウリングの原因にもなります。

やはりミュージック音量は程々にして、マイク音量を上げたた方がいいでしょう。

・そのミックスボイスは誰のため?

ミックスボイスも使えるようになったばかりの時は、声量が思うように出せないです。だけど、慣れてくると声量も出るようになります。

ただ友達の前で歌うときは、どうしても良いカッコをしたくなるので意地を張ってマイク音量を上げずに、限界を超えた声量を出そうとする人が多いです。

実際に自分もそんなことをしたことがあるので気持ちはわかります。が、しかし・・・

友だちの前でカッコつけるために、今まで苦労して掴んだミックスボイスの感覚を水の泡にするのは、少々勿体無い気がします・・・

・現在の自分の実力に合った歌い方をする

友達の前だからこそ、無理をせずマイク音量を上げさせてもらいましょう。その方がスマートです。

『今ボイトレ中で歌うための声が安定してなくて、今は声量が出せないからマイク音量ちょっと上げるね!』

と、一言伝えればいいだけです。それに、マイク音量が小さいまま無理に声量を出歌うと、ただウルサイだけで怒鳴っているように聴こえます。

無理をせずマイク音量をあげて適正な声量で歌うと、それこそ歌い慣れているように聴こえます。

プロの歌手も、マイクに頼るところはしっかり頼っています。曲全体を通して、デカイ声量で歌っている歌手はいません。

カラオケをもっと楽しむため、マイク音量とミュージック音量にも気を使ってみて下さい。

それでは、カラオケ & ボイトレ を楽しんで、もっともっと歌が上手くなるように練習しましょう。

では、また!!

スポンサーリンク