もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

高い声を出す方法 / ミックスボイスのコツは「太い裏声 + 鼻声」だ ! !

Old post

拝啓、過去の自分よ。

今日は、高い声を出すためのコツを教えてやろうか!!

まぁ、結論から言うなら・・・。

「ミックスボイス」

を出せるようにする事が、ハイトーンボイスへの近道だ。

ミックスボイスとは?

過去の自分よ。

「ミックスボイス」と聞くと、小難しい特別な事の様に感じるだろう。

しかし、シンプルに考えてくれ。

「ミックスボイス = 歌声」ってだけだ。 

▼ミックスボイスのイメージ。

ミックスボイスのイメージは、画像の通りだ。

低音~高音にかけて、グラデーションのようにスムーズに上下行が出来るように練習していくんだ。

一つ、あえて強く言っておこう…。

ミックスボイスは「切り変えて」発声することはない。

ミックスボイスは声を鼻にかける。

僕氏よ。

お前が、普段話している声は、あくまでも「話し声」だ。

「ミックスボイス」は鼻腔共鳴を必要とする

すると、必然的に声を鼻にかける必要が出てくる。

実は、意外とミックスボイスに近い声を日常的に出している。

それは、アクビの時の声だ!!

以下に、デモ音源を用意してあるから、記事を読みながら、平行して聴いてみな。

アクビ声は、ミックスボイスに近い声。

僕氏よ。

アクビ声は「太い裏声」だ。しかし、それだけでは地声の様にはならない。地声の様にするには「鼻声」の要素も必要になってくる。

裏声を地声のようにするには以下の記事を参考にしてくれ。

マジ高い声出せないんだけど
ミックスボイス習得に挫折しそうな方へ

じゃあ早速「アクビ声→鼻にかけた太い声→鼻声」をやってみようか。こんな感じだ。

どうだ?

「アクビ声~鼻声」と移行させる際に、途中で「鼻にかかった太い声」があっただろ?

それが、ミックスボイスだ。 

上記を応用したデモ音源。

そして、今度は「鼻にかけた太い声」で歌ってみよう。

これが「ミックスボイスで歌っている」という感覚だ。

もちろん、この出し方は、洋楽ロック系の出し方だが、太さ等を調整することでJ-POP系発声にも応用できる。

ミックスボイスの練習方法は?

僕氏よ。

まず、ミックスボイスを修得するには「太い裏声」が重要だ、という事は伝えた。

裏声ができたら、そのあとはヘッドボイスを練習してみな。

ヘッドボイスも「太い裏声 + 鼻声」が肝になってくる。

練習方法は以下の記事を参考にしてくれ。

裏声が出来たら、次はヘッドボイス。その名も「目玉オヤジ声真似」練習法だ!!
ヘッドボイスはメタルやハードロック歌うには必須だ。まぁ、せめて「A5(ラ)」位のシャウトは出せないと、洋楽のメタルやハードロックを歌うにはキツイだろうな。それに伴い、今回はヘッドボイスの導入練習を教えよう。
ミックスボイスは、中音域のミドルボイスより、高音域のヘッドボイスを先に練習しな。
ヘッドボイスは裏声を地声のように強く出せるように練習していく。だからヘッドボイスを地声(話し声)で出すということは考えにくいな。ただ、人によって「地声で出している」という人もいるから、自分からのアドバイスは「基本は裏声をベースに練習するとやりやすい」ってところだ。

自分が、自分に「一喝! !」

ミックスボイスは、ネット上で言われているほど、小難しい事ではない。

シンプルに「太い裏声と、鼻声」をMIXしてやるような感じだ。

この記事を参考に、ミックスボイスの感覚が掴めるように練習してみてくれ。

一朝一夕で出来ることではないが、練習の方向性さえ間違えなければ、2年位で出来る様になるだろう。

くれぐれも「普段の話し声のまま、音域拡張をする」なんて馬鹿な事はしないでくれよ。

とにかく根気だ。根気!!

じゃあな。

ROCK やりたきゃ、この本読んどきな ! !

▼DAISAKU氏の本はロック系発声には欠かせない「鼻声」の事が書かれている。

▼弓場氏の本は、太い裏声の事が書かれている。

この2つの本を併用することで、ロック系発声の理解が深まるだろう! !

タイトルとURLをコピーしました