ボイトレは『発声練習』だけじゃない。イメージトレーニングで『イカした自分』を想像してみな! !

拝啓、過去の自分よ。

歌っている時に音を外すのは『基礎』が固まっていないからに他ならない。

今の自分も、まだまだ『基礎』が固まって無いが故に音を外す。

ただ『音を外す』から『基礎練習』だけやれば良いって事でもない。

『上手く歌えている自分』を想像することも、練習の一つだ。

・ボイトレは『発声練習』だけでは無い。

過去の自分よ。

ボイトレってのは、発声練習だけではない。

歌は『心技体』この3つが揃って成り立つ。

実に、スポーツと共通点が多い。

その発声(『技』)をしている『体』を支えているのは、正に精神(『心』)だ。

つまり、イメージの要素は大きいんだ。

『心』…この部分にも、ぜひ着目してもらいたい! !

・スポーツでも『イメージトレーニング』は重要。

photo credit: SanforaQ8 via photopin cc

ポポまるよ。

スポーツでも『イメージトレーニング』は重要だ。

お前は器械体操をやっている。

鞍馬の練習の時に旋回のイメトレをやっているだろ?

鉄棒でもツイストのイメトレをする。

跳馬でもツカハラ跳びのイメトレをするだろ?

それと同じで、歌の練習にも『イメージトレーニング』を取り入れるといいだろう。

・イメトレ後に歌ってみた。

ポポまるよ。

この前、カラオケ行った時に1時間くらいイメトレしてから歌ってみた。

今の自分の中でベストテイクだった音源だ。たぶん20回くらいは歌った。

https://youtu.be/DlxW2her1Dk

これでも、かなり音程が合うようになった方だ。

ちなみに、原曲は▼だ。

IMPELLITERI Rat Race (live)

・自分より上手い人もイメトレをしている。

Twitterでお世話になっているあかささん(@akasa_voice)もイメトレをしていると言っていた。

あかささんのブログの記事を一部引用させてもらおう。

iphoneで聴きながら、口パクから、音源がライブ映像であれば、曲間の煽り、ヘドバンなどのステージングまで!!

ハコ(ライブ会場のこと)も想定してますので、客席にマイクを向けるとこまでやります!笑

もうイタさMAXなわけですが、これがやめられませんww

そんでなぜこんな記事を載せたかというと・・・。

今自分がお世話になっているボイトレ教室のミュージックフレンド様のメールマガジンで似たような内容のトレーニング方法が送られてきたんです笑

ポポまるよ。

これは、正にイメージトレーニングだ! !

あかささん(@akasa_voice)はバンドのヴォーカル経験者だ。自分みたいに音程を外す事は少ない。

だから、さらにイメトレに対する説得力がある。

もちろん、あかささん(@akasa_voice)はイメトレだけで上手くなったわけではない。

毎日練習をしているから上手く成れたんだ。

しかし、本人も言っているようにイメトレの効果もあると思う。

▼は、あかささんが歌った ANGRAの「Carry On」だ。聴いてみな。

https://youtu.be/4K23E9mtBu4

悔しいが、今の自分よりは、遥かに上手い。

上手い奴は、自然と『自分が上手く歌えている姿』を想像している事が多い。

ちなみに原曲は▼だ。

https://youtu.be/nn7y5ShTWWU

・自分が、自分に『一喝! !』

上手くなりたきゃ『イメトレ』もやってみな! !

こんなイメージだ。

『音も外さず、イカしたパフォーマンスし、観客を魅了している、神々しいオーラを放つ自分』

そんな姿をイメージしてみるんだ! !

歌は『心』だ! !

ポポまるよ。

さぁ、恥ずかしがっている時じゃない。

☆ROCK STAR☆ になったつもりで、家で神々しい『イメトレ』をするんだ! !

じゃあな。

・この2冊の本を併用する事で『ROCK発声』の修得の手掛かりに成るかもな! !

スポンサーリンク