ミックスボイスは、切り変えない。発声で『声区』という概念は持つな ! !

拝啓、過去の自分よ。

ボイトレをしていると、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスという言葉を聞く機会が増えてくる。

これを『声区』または、『レジスター』と呼んでいる。

この声区という考えは、音域を表すには便利な言葉だ。しかしボイトレにおいて『声区』という考えは『声区ごとに発声を切り換える』といった誤った認識をしてしまう事が多い。

そういう意味で、声区にこだわり過ぎるとボイトレの弊害になる事がある。

・声区や音域を意識しすぎると練習の弊害になる。

例えば・・・。

  • チェストボイスの音域はここまで
  • ミドルボイスの音域はここまで
  • ヘッドボイスの音域はここまで

って感じで、自分で音域を決めるのは構わない。

しかし、声区をきっちりと、チェスト、ミドル、ヘッドとした場合、それぞれの高さで、出しやすいように切り替えて発声しようとしてしまいがちだ。

下のイメージの様に、ミックスボイスはグラデーションの様に滑らかに繋がる。

つまり、声区の変わり目で声を切り変えるってことは無い!!

自分の中でミドルボイス(中音域)の音域は大して高くはない。大体、C4~A4くらいだな。

鍵盤

しかし、どこからどこまでがミドルボイス(中音域)なのかはハッキリしていない。

それは、男女差、個人差があるからだ。

要は、本人が満足できる音域で出せればいい。

だから、ボイトレにおいてミドルボイス(中音域)が、どこからどこまでと言うのは、特に重要ではない。

・声区で声を切り変えることは無い。

ポポまるよ。

今の自分には『換声点』という概念は無い。

裏声を軸に低音域~高音域まで、まんべんなく練習していくと、体感的に換声点を感じなくなる。

つまり、最初から『換声点』を考える必要はないって事だ。

これは、他のボイストレーナーも若干ニュアンスは違うが、同じようなことを言っていた。

ボイトレ本も2声区論、3声区論を元に解説してる本が多い。

▼この本は3声区論で説明している。

▼この本は2声区論で説明している。

どちらが『正しい / 間違い』って話じゃない。

どのボイトレ本も最終的に換声点を無くし、1つの線で低音域~高音域を繋げようとしている。

どのボイトレ本でも、どのボイストレーナーでも言いたいことは同じだ。トレーナーによって伝え方が違うだけだ。

・自分が、自分に『一喝 ! !』

練習するときは声区にとらわれず、声質や声の出し方に重点を置いて練習した方がいいかもな。

あと『切り変える』って発想もいらないな。

ポポまるよ。

裏声を軸に低音域~高音域まで『鼻にかかった太い裏声』を練習すると、裏声が『地声』の様に聴こえるようになる。

この記事を参考にしな!!

じゃあな。

・『鼻にかかった太い裏声』の練習は、この2つを併用すると良いだろう。

▼この本は『鼻にかかった裏声』の練習になる。 

▼この本は『太い裏声』の練習で使える。

この2つの本を併用することで、ロック系発声に欠かせない『鼻にかかった太い裏声』のヒントになるだろう ! !

スポンサーリンク