もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

コレで解決?!Fコードくらい難しい、Bコードを押さえる方法!!& ギターストラップの重要性

Old post

以前、 ▼の記事を書いた。

マジ高い声出せないんだけど
ミックスボイス習得に挫折しそうな方へ

「Bコードを押さえるのが難しい!!」

と言った、声を聞いたので、ざっくりだけどBコードの押さえ方のコツを紹介する。

自分の場合、エレキで弾いてるがアコギでも応用は効く。参考にしてみてくれ。

立って弾くことを前提に話をすすめる。

とりあえず、自分の場合は人差し指全体で押さえる、バレーコードを立って弾くことを前提にして、あらかじめギターのヘッドを高い位置にしている。

そうすることで、手首の角度が多少緩やかになって押さえやすくなる。

ただ、自分の場合だから、他の人に通用するかわからん・・・。

と言っても、言葉じゃ解りにくいと思うんで、画像をみてくれ。

ヘッドが高い時と、低い時の違い

まず、ヘッドの位置が低いと・・・

こんな感じだ。

ヘッドの位置を高くすると・・・

よく見比べてもらえると分かるが、ヘッドの位置が高い時は手首の角度が、ヘッドが低い時よりも緩やかになっている。

もしわからないようであれば、試してくれ。

あと、基本的に自分はいつも立って練習してるから、座って弾く人にはちょっと参考にならないかもしれない。

ただ、今座って弾いてる人でも、今後ストリートや、ライブを考えているのであれば、今のうちから立って練習することをオススメする。

立ち弾きと、座り弾きはぜんぜん違う

なぜなら、座って弾くのと、立って弾くのとでは、ギターの位置も変わるし、弦に対するピックの当たる角度も変わるんで、体感的に全然感覚が違う。

だから、立ち練習をやっておいた方がいいんじゃないかなと思う。

で、もし立って弾くのであれば、問題になってくるのがギターストラップだ。

自分の場合は、ヘッドを高くして弾いているので、初心者ギターとかによく付いてくる、ナイロン製のストラップだと滑っちゃって、ヘッドが下がってくる。

なので、自分はヘッド下がりを解消するために、革製(もしくは人工皮革)のギターストラップを使っている。

まぁ、革製にこだわらず、ストラップの裏側のちょうど肩に掛かる部分がザラザラしてたり、滑り止めが付いているタイプにすればヘッド下がりを防止出来るけどな。

【ギターストラップ紹介】ギターストラップ選びは重要!!

一応、自分が使っているギターストラップの画像だ。


▲結構ザラザラしてる。


▲長さも結構ある、けっこう余裕を持って使える。

自分は身長が171cmだが、嫁が154cmくらいで、それだと長すぎるみたいだ。

FERNANDES(フェルナンデス)のギターストラップで、大体1600円位。

 レビュー

自分は、▲このストラップを使ってるが、ストラップ自体にピックを収納しておける場所がある。これ結構便利!!

あと、ピックも5個ついてくる。

▼その他にも、ピックの収納部がないタイプもある。

こっちは、1000円ともっと安い・・・これもレビュー載せておく。

レビュー

ストラップによって、弾きやすさがだいぶ変わるから、バレーコードが押さえにくかったり、ヘッド下がりに困っているのであれば検討しみるといいだろう。

Bコードの押さえ方いろいろ

じゃあ、ストラップはこのくらいにしといて、今度はコードの押さえ方のパターンをいくつか紹介しよう。

まずは、普段自分が押さえているやり方。

パターン1

1弦 5弦 6弦 – 人差し指 で押さえる。

2弦 3弦 4弦 – 薬指 で押さえる。

この押さえ方は、薬指で2弦 3弦 4弦 をまとめて押さえるから、慣れれば簡単。

ただ、最初はなんせ力が入りにくい・・・ で、1弦に指が当たって、1弦の音が鳴らないってことがある。まぁ、あとは練習次第ってとこもあるがな。

じゃあ、次。

パターン2

1弦 5弦 6弦 – 人差し指 で押さえる。

2弦 – 薬指 で押さえる。

3弦 4弦 – 中指 で押さえる。

この方法だと、比較的指全体に力が入りやすい。ただ上手く押さえないと、3弦が鳴りにくいんだ。

で、曲によるが、たまにBコードをストローク中に、Bコード押さえたまま一瞬小指で、3弦 – 5フレットを押さえる時があるから、そういう変則的なコードに対応しやすい。

じゃ、次。

パターン3

1弦 5弦 6弦 – 人差し指

2弦 – 小指

3弦 – 薬指

4弦 – 中指

これは結構お馴染みの押さえ方だと思う。よく、ギターコード本に載ってるね。

でも、この押さえ方、自分はダメなんだ・・・

とにかく、指が収まりきらなくて、4弦とか上手く押さえらんなくて、音ビビっちゃうのでダメ・・・

じゃあ次、コレ最後。

パターン4

 パターン1 に押さえ方が似てるが、薬指でまとめて押さえるところを、小指でまとめて押さえる。

1弦 5弦 6弦 – 人差し指

2弦 3弦 4弦 – 小指

手の小さい人だと、たまに パターン1 の押さえ方だと、指が広げにくい上に力が入らないって場合があから、まとめて押さえる指を小指にすることで、指の開きにくさをカバーできる。力は、多分こっちのほうが入りにくい・・・ 女の子だと特にだと思う。

自分なりの押さえ方を探してみな!

今回は、Bのローコードだけの紹介でだった。コードの押さえ方は色々ある。

だけど、どれが正解ってわけじゃなくて、要するにちゃんと押さえられて、音がちゃんと鳴ればいいって訳だ。

例を挙げると「Aコード から Cコード に移りやすい」みたいな感じでコードチェンジしやすい押さえ方も確かにある。

だけど、どんな効率悪いと思える押さえ方だって、練習次第でソレが自分にとって一番押さえやすい押さえ方になってしまうものだ。

だから、コードの押さえ方は、セオリーはあるが、ぶっちゃけ人それぞれって感じだ。

あまり固くならずに、自分なりの押さえ方とかも探してみな。

じゃあな。

タイトルとURLをコピーしました