もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイス覚えたきゃ「リップロール」「タングトリル」「ハミング」は裏声でやりな。

Old post

拝啓、過去の自分よ。

お前、リップロールって知ってるか?

唇を閉じて「プルプルプル・・・」ってやるアレだ。

だが、自分がはソレが出来てもできなくても、歌が上手くなることとは大して関係ないと思っている。

なぜなら、自分の嫁は出来ないからな(笑)

まぁ、ただ出来るに越したことはない。

だから、今日は「リップロール等」の話をしようか。

リップロール、タングトリルとは?

リップロールってのは▼の動画のやつだ。

タングトリルとはヤンキーが相手をまくし立てる時に「ら行」で巻き舌にするのを連続的にやるヤツだ。

「なんだコラァ、テメー! !」の「ラ」の部分だな。

舌で「プルプル、とかレロレロ」(?)やる動きだ。

リップロール、タングトリルをやる理由

僕氏よ。なぜ、リップロール等をやるか解るか?

主に言われているのは、喉の脱力に有効だと言われている。

歌う時は、力を振り絞って歌うことはない。

高い声を出し慣れていないお前は、力んで無理やり引っ張って喉声で出そうしている。

そう「張り上げ発声」だ。

リップロール等は、力まずに発声する「矯正」が本来の目的だ。

リップロールをやっても、高い声が出ない場合。

それは、やり方が単純に間違っているだけだ。

ハミング、リップロール、タングトリルは、低い音域だと、普段話している喉声でも出せてしまう。

ただ、高音域も普段の話し声のままリップロールをやっても「張り上げたリップロール」になるだけだ。

多くのボイストレーナーはハミング、リップロール、タングトリルを「裏声でやれ」となぜか言わない。

リップロール、タングトリル、ハミングは低~高音域まで裏声で。

僕氏よ。

リップロール等で、高い音域まで出せないなら「裏声」で練習してみな。

ちゃんと練習してれば、そのうち低音域の裏声が地声のように出せるようになる。

で、高音域と繋がってくれる。

練習期間や、練習量はお前次第だ! !

自分が、自分に「一喝! !」

リップロール、タングトリル、ハミングは裏声でやれ。

普段の話し声のまま高い声を出そうとしても「張り上げ」になるだけだ。

気を付けな。

まぁ、そういうこった。

僕氏よ。

早く「裏声」の重要性に気付いてくれ。

あと、裏声を地声にように聞こえさせるには▼の記事を参考にしてくれ。

じゃあな。

▼ロック発声を覚えるには、この本はオススメだ! !

タイトルとURLをコピーしました