声量は喉で大声を出すのではなく、鼻で響かせて「響量」を稼ごう。

よく、ミックスボイスの練習中に陥りやすい勘違いとして「声量」を意識し過ぎてしまうというのがあります。

ミックスボイスは初心者は声量を出そうとして、今までの話し声のように喉から発声してしまい、喉で声量を出そうとしてしまいがちです。

でも、その出し方だと張り上げミックスになってしまうので、正しい出し方とはいえません。

過去の記事にも「ミックスボイスは裏声を鼻に響かせて地声のように聴かせる」と書いています。

この「鼻に響かせる」というのが重要なんです。響かせることで、声量を稼ぐことが出来ます。

なので、無理に喉から大きな声を出さなくても済むようになります。

・声量というより、響量

響量と言われてもよくわからないと思います。

そんな方は、口を閉じて鼻を指で軽く触りながら裏声でハミングをしてみて下さい。

鼻が振動すると思います。その感覚が声が響いている感覚です。

その響きを常に感じたまま発声をするようにすると、鼻の方で声を出しているような感じで声が出せるはずです。自分はそんな感覚です。

そうすると、無理に喉の方で声量を出さなくても、それなりに大きな音で発声することが出来ます。

むしろ、喉の方で声量を出そうとして、張り上げミックスにすると「怒鳴っている」様な声に聴こえます。

音楽的観点から言うとあまり美しい声とは言いがたいですよね。

・ミックスボイスは、裏声なのか地声なのか?

自分の感覚で、ざっくり言えばミックスボイスは裏声です。

誰になんと言われようと裏声です。だって自分が出している感覚が裏声ですから。

ミックスボイスは地声だという方もいらっしゃいますが、それはそれで問題ないと思います。

なぜなら人それぞれ感覚も価値観も違いますからね!いろんな考えがあることはとてもいいことですね!

けど、自分の考えをやたらに押し付けるのはダメだと思うんですね。

裏声派も地声派も、最終的なゴールは「歌をうたう」ことなので、いがみ合ってもしょうがないんですけどね・・・。

・裏声で歌うようにした方がミックスボイスに近づきやすい

自分の考えでは「ミックスボイスは裏声の感覚」なので、普段から歌を裏声で歌うようにしたほうが早く感覚をつかめるんじゃないかなと思ってます。

実際、喉声の張り上げミックスボイスより、裏声のミックスボイスの方が楽に出せます。

同じ音を発声した時にも、裏声ミックスの方が音色がより高音域が強調されて高く聞こえます。

エレキギターで言うところの、トレブルが強調されよりキンキンした音になるって感じです。

逆に、張り上げミックスは低めに聴こえ、発声もしにくいので音がフラットしやすく音痴になり易いです。

正直、今回の話は感覚を掴んでいる人じゃないと理解できない話です。

なので、解らなくても気にしないで下さい。しかも自分の感覚なので。

あくまで、参考程度に読んでもらえればと思います。

じゃあ、練習頑張りましょう!

では!!

スポンサーリンク