もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

禁インターネットをやった結果「練習時間」が伸びた。ボイトレと生活習慣には関わりがある。

Old post

拝啓、過去の自分よ。

先月8月に、生活習慣を見なおしたり、禁インターネットをやってみた。

それは「インターネットは練習の弊害になる!!生活習慣が乱れていると歌も上達しない!!」と感じていたんだ。

ネットでボイトレの情報ばっかり追い求めて肝心の練習時間を疎かにしては意味が無い。

だから、思い切ってインターネットを断ち切ってみた。

先月8月は禁インターネットをやった。

僕氏よ。

上達したいなら「禁インターネット」はやはり有効だ。

自分は、先月8月の1ヶ月間、インターネットやTV、ケータイ電話など、外部と繋がる媒体をとにかくシャットアウトして生活してみた。

その結果、練習時間が1日あたり2~4時間以上伸びた。

自分の体感だが、練習時間が増えたおかげか多少なりとも上達した。

家ではTVの代わりにひたすら音楽を流していた。

自分はブルースや、ハードロック、メタルが好きだ。

だからTVの代わりに音楽をひたすら流していた。

そして、曲に合わせてテキトーにペンタトニック・スケールで、なんちゃってアドリブをギターで弾いて、たまに歌ったりしていた。

とにかく音楽に触れる時間がめちゃくちゃ増えた。

それによって「音楽を考える」時間も増えた。

Twitterをやめた。(アカウントは残してある)

Twitterのタイムライン見てると「ち◯こ」だの「う◯こ」だのクソくだらない内容が流れてくる。

そんなくだらない内容に付き合ってる暇なんて無い。

そして、Twitterには中毒性がある。これは多くの奴が体感していることだろう。

インターネットを断ち切ると同時に、Twitterも断ち切る事になった。

やっぱり、練習時間は増えたな。

Twitter自体がストレスだった。

Twitterは失礼な奴がカナリの割合で多い。

そんな奴にボイトレのアドバイスをするのも腹立たしい。

今は、Twitterから離れたことで精神的にもすごくリラックスした状態で生活出来ている。

自分には、SNSで傷の舐め合いをするのは向いてないようだ。

運動を始め、食生活を見なおした。

後は、運動や食生活も見直してみた。

これが結果的に「諦めない精神」を維持するのに役立っている。

運動を始めた結果「言い訳をしない、とにかくやる、ゴタクを並べずひたすら精進する!」という考えも出てきた。

そして、野菜中心のバランスの良い食生活に変えた。

暴飲暴食が減り、食べる量が減ったから、8月だけで7kg体重が落ちた。

ジャンクフードを食べている奴は、精神力がヒヨい場合が多いような気がする。自分はその部類だった。

金もあまり使わなくなった。

食べる量が減ったことで食費がかからなくなった。そして、それに比例して雑費も減った。

暴飲暴食していた時は、何かしら理由をつけて色々買っていた。

雑貨だったり食い物だったり、無駄買いが多かったな。

寝る時間も早くした。

21時~23時の間に寝るようにした。

そうすると必然的に、朝早く起きられる。

だから練習を朝にまわすことが出来た。それも結果的に練習時間が伸びる要因になった。

午前中に用事を済ますことが出来るようになったから、午後は自分の使いたいように時間を使えるようにもなった。

時間が取れる日は、9時間とか10時間とか休憩を入れながら練習していた日もあった。

慢性的な下痢も改善された。

僕氏よ。

今までは病院に行って腸内検査をやっても「至って正常」と言われ、医者から「なんで下痢を繰り返すのか判らない」と言われる始末だった。

だけど、暴飲暴食をやめて判った。

下痢の原因はただ単に「食い過ぎ!!」ってだけだった。

ボイトレと生活習慣の関わり。

僕氏よ。

生活習慣を改善することで、上達するかどうかはお前自身の努力次第だ。

ただ自分の体感として、少なくとも「練習時間が伸びる」って事だけは言える。

上達するスピードは練習時間に比例する。名だたる有名ミュージシャン達は、例外なく誰よりも練習している。

自分が、自分に「一喝! !」

「上手くならない」「出来ない」と感じているなら生活習慣を見なおして、練習時間をたくさん作れ。

そして時間の使い方、お金の使い方などを改善してみな。

じゃあな。

タイトルとURLをコピーしました