ミックスボイス判定なんて無意味。自分が正しいと思った声質が正しい ! !

拝啓、過去の自分よ。

自分は、たまにこんな質問をされる事がある。

「ミックスボイスができているかどうか判定お願いします。」

ただ、一つ言っておこう。

『お前が出来ていようが、出来ていなかろうが、自分には関係ない ! !』

自分で判断できないなら、それは出来ていないと思ってくれ。

・声質なんて、人の好み。自分の出したい声が誰かの好みではない。

ポポまるよ。

自分の声に自信を持てない時点で何をどうあがいても無駄だ。

結局、人に何を言われたとしても「これが自分様の声だ!」と自信を持てないのであれば、判定なんて無意味。

第一、声質なんて人それぞれ好みがある。

EXILE好きに、メタル系の声の判定をお願いしたところで無意味だ。

その逆も同じ、無意味だ。

・お前に、この声が『判定』できるか?

このヴォーカルの声は『正しいか?』それとも『間違っているか?』

人によっては『カッコイイ』であり、人によっては『鼻声過ぎる』なんだよ。

自分の『好みの声』を模索しろ! !

・判定なんて必要なし!判定は自分でするもの!

結局のところ、自分で自分の声に自信を持てない時点で、使えない声だ。

「よし、この声質ならいける!!」とお前が思えた時、判定なんて必要なくなる。

なぜなら、その時に自分の声に自信が持てたからだ。

自信のない医者に「自分の診察って大丈夫でしたか?」なんて言われたら自分は殴る。

虚勢でも、自信満々に診察されたほうが安心できるな。自分は。

まぁ、誤診は止めて頂きたいけどな。

・キモ声も自信次第!!

結局「自信のないミュージシャン」の声なんて、ダレが聞いてもダメな声になっちまう。

B’zの稲葉 氏が、自信満々に歌っているからこそ、あの鼻にかかった声がイカしているわけだ。

自信なさげに歌っていたら、キモい鼻声と言われかねない。

・結局、聴かせ方次第

要は、どんな声だろうと聴かせ方次第だ。自信満々に歌ってみろ。

「嘘も堂々と付けば、本当になる!!」みたいな精神でやってやれ! !

不細工でも自信満々の男には取り巻きや、いい女がついてるもんだ。何でか不明だが・・・

自信は、それだけ人を引き付けるものがある。

・自分が、自分に『一喝!!』

要は自分自身の気の持ち方だ。自分が正しいと思ったことが正しい!

ミックスボイスの判定なんて無意味。

結局は自分次第!!

嘘でもいい。自信を持ってみろ!!

じゃあな。

スポンサーリンク