もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

練習が辛い、もしくは続かないのは「頑張りすぎ」が原因。

Old post

練習が習慣化している人は、練習自体を「練習」と思っていないので辛いと感じることはないでしょう。

今回はそういう人向けではなく、練習が習慣化していない人たち向けの記事です。

誰しもが「早く上手くなりたい!!」と思うでしょう。それは全く問題ないことですし、むしろ立派なことです。

だけど、早く上達したいと焦るあまり、短期間で高い目標を達成しようとしてしまいがちです。

高すぎる目標というのは達成できません。まずは目先の小さい目標を達成するようにしましょう。

それを繰り返すことで最終的に、大きな目標にたどり着くことが出来ます。

最初から気合を入れすぎると続かない

自分の経験なんですけどね、やっぱり高い目標を持っている自分ってなんか「カッコイイ」と思えるんです。

例えるなら、一気に富士山の山頂を目指すみたいな感覚です。

でも、登山って3合目、5合目、8合目・・・と地道に登らないと山頂にはたどり着けないですよね。

ボイトレも同じなんですよね。ちょっとずつ、ちょっとずつなんですよ。

1合目から、意気込んで、気合入れ過ぎちゃうとスタミナ切れで、継続して登り続けることができなくなってしまいます。

頑張らないことが継続のコツ!

山登りで例えさせてもらいましたが、仕事にしても勉強にしても同じなんです。

むしろ、頑張り過ぎることが原因で辛くなったり、続かなくなってしまうことが多いです。

つまり、逆を言えば「頑張るな!」ということが言えます。

自分の出来る範囲で、コツコツとやっていけばいいんです。

そうすると辛さを感じにくいので、継続しやすいです。

ダラダラやるくらいの気持ちでOK!!

自分の見解です。

ダラダラやるくらいの気持ちでいいんじゃ無いかなと思いますよ。

まぁダラダラと言っても、発声をせずダラダラとインターネットを見てるのはダメですよ(笑)

寝ながらでもいいのでハミングやるとか、声出しするとか、音階練習するとか、とにかくダラダラと歌に関することをやり続けるのがコツです。

そういうことを繰り返していく内に、なぜか練習時間が飛躍的に伸びていきます!

続かない練習は自己嫌悪に陥りやすい・・・

辛い練習は続かないと言いました。

辛いことを繰り返し、続かないと「自分(自分)は、どうせダメなんだ・・・。こんなんじゃ上手くなれない。」と自己嫌悪に陥ります。

それだと負のサイクルになってしまいます・・・。それじゃぁ悲しいじゃないですか。

だったら、ダラダラでも良いので、何となくテキトーでもハミングなりなんなりやっている方がマシです。

辛い練習を、最初だけ気合入れて毎日2時間1ヶ月やるくらいなら、ダラダラ練習を毎日30分1年間やる方が練習時間としては長くなります。

 

辛い練習 → 2時間 × 30日 = 60時間

楽な練習 → 30分 × 365日 = 182.5時間

 

上手い人は、例外なく練習時間が長い。無理のない練習を!

結局、短時間だったとしても、長期的に見て長い時間、練習した人が上手くなれます。

最初は5分でも、10分でもいいです。

継続している内に、だんだんと1時間、2時間と練習時間が伸びていきます。

練習が続かない人は、元々長時間の練習をする習慣がない人が大半です。

今までやっていなかったことを、いきなりやろうとすると人間は深層心理で必ず反発を起こします。

それを防ぐためにも、「最初は短時間。嫌になったらやめる」くらいの気持ちは大切だと思います。

自分にやさしい練習を心がけて、最終的に超絶なレベルになりましょう!!

 

さぁ、今日も練習を無理なくテキトーに頑張りましょう!

では、また!!

タイトルとURLをコピーしました