ミックスボイス は「声帯閉鎖 (喉)」ではなく「鼻腔共鳴 (鼻)」がコツ

歌声は「大きさ」よりも「響き」を意識することが大切です。ある程度、大きな声が出せる素質があるのであれば「響き」に意識を置いて発声練習をしてみるといいかもしれません。

私は過去、声帯閉鎖を意識した「太い裏声の練習をすれば地声っぽくなる」と勘違いしていたことがありました。しかし、あくまでも「太い裏声」はファルセットであって、それをひたすら練習してもミックスボイスになることはありません。

■裏声を太くしただけなら「ファルセット」

ミックスボイスは簡単に言ってしまえば「太い裏声」と言えます。これは事実です。ただ、多くの人が持つ「太い裏声」のイメージは、単純に裏声を太くするだけです。そうすると、どういった声になるのか?

合唱みたいな発声になってしまい、アナタの求めている歌声とは程遠い声になってしまいます。単純に裏声を太くしただけなら、それは「ファルセット」です。つまり「息漏れの多い太い裏声」と言う事です。

■「声帯閉鎖」と「鼻腔共鳴」どちらがベターなのか?

裏声をミックスボイス化させるには2つのやり方が一般に知られています。

1)「声帯閉鎖」を意識して地声っぽくする
2)「鼻腔共鳴」を意識して地声っぽくする

この2つのうち、一体どちらがベターなやり方なのでしょう?

■鼻腔共鳴が “地声っぽさ” の鍵

私の答えとしては「鼻腔共鳴」がベターです。「地声のような太い裏声」にするためには、鼻に響かせる必要があります。鼻に響かせることで “高域倍音” を得ることができます。

▼こちらを一度聴いてみて下さい!!

Juan Diego Florez performs "Ah! Mes Amis"

鼻によく響いた声です。高域倍音の多い声は「地声のような響き」を得ることが出来ます。

■声帯閉鎖を意識した発声は、喉絞め発声に陥りやすい

よくこういった話を聞きます。

「声帯を閉鎖することで地声のような強い声を出す」

しかし、「声帯閉鎖を意識した発声」はオススメしません。声帯閉鎖を意識した発声は、喉締め発声に陥りやすいです。喉締めになることで、結局は張り上げ発声になってしまいます。

張り上げ発声は「大声」が出しやすいです。なので「歌っている本人」は響いているように感じます。しかしそれは、大声を張り上げているだけなので、響いていると言うより「キンキンしてウルサイ声」です。声帯閉鎖を意識すると、張り上げ発声に繋がりやすいです。

事実、私自身が過去に声帯閉鎖にとらわれていて、思うような発声ができなかった時期がありました。

では 「鼻腔共鳴を意識した発声」とはどんな感覚なのでしょう?

■鼻腔共鳴は「鼻」で歌う意識

発声練習をする時は「鼻」で声を出すような意識で発声しています。いや、もちろん声は声帯から出るので喉から声は出していますよ。

あくまで意識の問題で、裏声ハミングの延長で鼻に響かせて声を出しています。恐らく、太い裏声を出そうとすると多くの人は「喉仏が下がる」と思います。その喉仏を、意識的に上げてみて下さい。

意識的に上げる時は “裏声ハミングの状態”で、「喉に緊張感のないリラックスした状態」をキープします。そうすると、裏声ハミングが「鼻にかかった変な声」になると思います。志村けんの、「アイーン」みたいな声です。極端に喉仏を上げれば、より「志村けんのアイーン」に近づくと思います。

文:P丸

「鼻腔共鳴に “着眼点” 置いてる」ボイストレーニングの本がこちらです。

この本の中に「ニェイニェイエクササイズ」というのがあります。それが、ミックスボイスを習得するための 「鼻腔共鳴」を得る練習として効果的です。

▼関連記事
ミックスボイス習得するなら「ボーカリストのための 高い声の出し方」がオススメ!

タイトルとURLをコピーしました