ミックスボイスの “地声化” は「声帯閉鎖 (喉)」じゃなく、『鼻腔共鳴 (鼻)』を意識するのがコツ!!

スポンサーリンク

ミックスボイスの “地声化” は「声帯閉鎖 (喉)」じゃなく、『鼻腔共鳴 (鼻)』を意識するのがコツ!!

シェアする

※この記事は『喉締め発声』に困っている人向けの内容となっています。

※2017-08-31 にリライトしました。

あ~あ~あ~♪(太い裏声)
・・・おかしいな~( ̄▽ ̄;)

地声っぽくならなくてお困り中かな?(^o^)

ミックスボイスって『太い裏声』じゃん?
だから声帯閉鎖を意識した『太い裏声』をやってんだけど、地声っぽくならないんだよね~。

『太い裏声』は、ひたすらソレを練習していればミックスボイスになるって事はないよ(^▽^;)(汗)
あくまでも『太い裏声』はファルセットだよ!

えっ!?(>▽<;) マジかよ!?

・・・

・・・

・・・

ははは(笑) ナガセは困り果ててしまったようだな!
さぁ、これからどうなることやら・・・( ̄▽ ̄;)

裏声を太くしただけなら、それは『ファルセット』です。

ミックスボイスは簡単に言ってしまえば『太い裏声』と言えます。

これは事実です。

ただ、多くの人が持つ『太い裏声』のイメージは、単純に裏声を太くするだけです。

そうすると、どういった声になるのか?

合唱みたいな発声になってしまい、アナタの求めている歌声とは程遠い声になってしまいます。

単純に裏声を太くしただけなら、それは『ファルセット』です。

つまり『息漏れの多い太い裏声』と言う事です( ̄▽ ̄;)

では、『ただの太い裏声』をミックスボイス化させるにはどうしたら良いのでしょうか?>>


次 >>:”声帯閉鎖 or 鼻腔共鳴” どちらを意識した方がベターなのか?


トップへ戻る