『切り換える』って考えじゃ『換声点』の克服は出来ねぇよ。裏声ハミングでもやっとけ ! ! ただしROCK発声でな。【音源】

拝啓、過去の自分よ。

お前が、ミックスボイスの練習を始めたのは『高い声』が出したいからだよな?

でも今『地声と裏声が繋がらない』という状況になってないか?

そういった状況を打破する為の考え方と、裏声ハミングの音源だ。

・全音域、裏声で発声してみな。

歌う際の発声の仕方として良く言われているアホなことがある。

低音域は『地声(話し声)』で、高音域は『裏声』で出す。

What’s it ? Do not laugh me ! ! ha ha ha ! !(笑わせないでくれ ! !)

そんな事したら、必ず中間地点付近の音で【換声点】が出てきちまう。

要は、地声と裏声が繋がらない。

【換声点】を克服するには、低音域も『裏声』で発声する必要があるんだな。

・裏声を地声のように聴こえさせる【鼻腔共鳴】

裏声を地声のように聴こえさせるために、闇雲に『裏声を鍛える』事をしても、それはただのファルセット(太い裏声)になるだけだ。

https://crazy-shout.com/2014/11/4947/

裏声を地声のようにするためには、声を鼻に響かせる必要がる。それが【鼻腔共鳴】だ。

裏声ハミングをする事で感覚を掴む練習になる。

▼この本は、鼻腔共鳴の参考になる。

・裏声ハミングも、鼻にかけてハミングしなきゃダメ。

裏声でハミングをすると言っても、上記同様に闇雲に発声するだけではムダなだけ。

裏声ハミングにもコツがある。

https://crazy-shout.com/?p=2718

https://crazy-shout.com/2013/06/1176/

それは『ノイズ感(エッジ感)』を出すこと。

まず、参考音源を聴いてみな。

・ファルセットによる裏声ハミング

ポポまるよ。

お前、裏声ハミングって聞いて▲このような発声だと思っただろ?

・・・馬鹿か?!

このファルセットによる裏声ハミングでは、いつまで経ってもミックスボイスにはならない。

あと、この発声の場合、▼以下の画像のような感覚になる。

・ファルセットによる裏声ハミングのイメージ図

MixVoice-Falsetto-humming-edge002

じゃあ今度は、裏声を地声のような強さに近づけるための参考音源だ。

・ノイズ感(エッジ感)のある裏声ハミング

この声の中に、ジリジリとした「蚊の羽音」の様なノイズが鳴っている。

そのノイズ感(エッジ感)が地声のような響きに聴こえさせる種だ。

まぁ、雑な言い方をすれば『鼻声』にしろって事だ。厳密には違うがな。

でだ、ノイジーな裏声ハミングをしている時の感覚は▼の感覚で発声する事になる。

・ノイズ感(エッジ感)のある裏声ハミングのイメージ図

MixVoice-Falsetto-humming-edge

鼻の奥の方でジリジリ感じられるまで練習しな。

ちなみに、GN’R のVo. Axl Rose みたいに出せる様に練習すれば、色んな出し方に応用が効く。

あぁ…たまんねぇな、このイカした声 ! ! ! !

・エッジ感は喉じゃなくて鼻で出せ ! !

2chの掲示板でエッジボイスのことが取り上げられているのを見たことがある。

・・・

・・・

・・・

あそこに載ってるエッジボイスの概念はダメだ。馬鹿ばっかりだ。

エッジ感は喉でじゃなくて『鼻』なんだよな。

また、上記の【ノイズ感(エッジ感)のある裏声ハミング】を『声帯閉鎖の練習』として練習メニューとして取り入れているサイトもあるみたいだな。

・地声音域(チェスト音域)もノイジーな裏声ハミングの感覚だ。

地声で発声している低音域でも、【ノイズ感(エッジ感)のある裏声ハミング】の感覚で発声していくんだ。

地声音域も裏声をベースにした発声にすることで『地声と裏声が繋がらない』という状態を無くすことが可能だ。

・自分が、自分に『一喝 ! !』

『地声 → 裏声』にスムーズにチェンジするって考えは止めときな。

『チェンジ』という考えを持って練習しても良いのは「もともとある程度のミックスボイスができていた奴」に通用する考えだ。

もともと出来た奴は、地声(話し声)がミックスボイス化している場合がある。

だから『チェンジ』の考えは大抵の奴には当てはまらない。

気を付けな ! !

じゃあな。

・▼の記事も読んどきな。ミックスボイスが出したいならな ! !

https://crazy-shout.com/2014/09/3962/

・ROCK発声には、この2つの本の併用をオススメする ! !

スポンサーリンク