もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

カラオケで出せないミックスボイスは、「ミックスボイス」ではない。

Old post
photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc

家ではミックスボイスが出せるけど、カラオケでは出ない。

そんなことを経験した人も多いはず。

その原因は、「そもそもミックスボイスが出来ていない」という事が根本にあります。

家だと出せるミックスボイス

家では出せるミックスボイスには特徴があります。

声が小さい

ちゃんと、「ミックスボイスの種、ノイジーな裏声ハミング練習」の音源のような裏声ベースで練習しているのであれば問題無いです。

ミックスボイスは、最初は安定しないので大きな声で出せないものですので安心して下さい。

時間が解決してくれます。

逆に、声が大きすぎて制御できない

完全に「張り上げ発声」になってます。

今一度、ご自身の声を見なおして頂いた方が今後の練習や、喉のために良いでしょう。

カラオケだと出せないミックスボイス

「ミックスボイス初心者のカラオケ時の注意点。 ”音量は上げ過ぎないように!!” 」の記事に書いている通り、音量の上げすぎです。

家で出すミックスボイスの声量が小さいため、カラオケの音量とバランスが取れずに小さく聞こえてしまいます。

これも、練習を重ねるうちに大きく出せる様になるので問題無いです。

ミックスボイス初期の段階はマイク音量を上げましょう。

家でもカラオケでも出せるのがミックスボイス

上記で「家で出せるミックスボイス」と「カラオケで出せないミックスボイス」の話をしました。

しかし、本来はミックスボイスはどちらでも出せるものですので、どちらか限定で出せるという場合はミックスボイスでない可能性が高いです。

ミックスボイスの定義は「ボイトレ用語」に記載しております。

練習方法や発声を見直す必要あり

どちらかに偏って発声できる場合は、ミックスボイスでは無い可能性を、お話しました。

そのような場合は、初心に立ち返り練習方法や発声を改めて見なおす必要があります。

でないと、一生ミックスボイスが安定しないまま彷徨うことになります。

それは本末転倒です。

そうならないために、今の自分に慢心せず「見直し」「振り返り」の時間を取る勇気を持って下さい。

それが、これから先の ”未来の自分” の為になります。

タイトルとURLをコピーしました