ボイトレスクールに通う危険性。

・ボイトレスクールに通うデメリット

自分のやりたいようにやれない

トレーナーに対して気を使ってしまう事もあるでしょう。

気を使ってまで、通う必要があるんでしょうか?

時間は自分の好きな様に使うべきだし、練習も自分のやりたい事を自由にやるべきです。

・上手く出来ないとトレーナーのせいにしてしまう

ボイストレーナーのアドバイスをそのまま鵜呑みにして、アドバイス通りに練習して完璧な成果を出せるのは稀な例です。

アドバイス通りやったのに上手くいかなかったら、『あのトレーナーはダメだ。』となるのが普通でしょう。

でも、それは単純に鵜呑みにした生徒側のせいでもあります。自分で考えて練習していない証拠です。

アドバイスはあくまでも【アドバイス】です。

自分の感覚で『違う』と感じることがあれば、アドバイスを基に自分なりの感覚や練習法を探求しましょう。

・オリジナルの練習ができない

自分で考えたオリジナルの練習方法を否定するトレーナーは多いです。

『それはダメ』『あれは無意味』などなど・・・。

自分で、独学でやっているのであれば考える力もつきます。

とやかく言われることもありません。

練習しないとグチグチ言われる

これは当然のことです。練習しないと上手くなりませんから。

でも、ボイストレーナーに言われずとも、そんな事は自分の中で解りきっているはずです。

解りきっていることを2回も3回もとやかく言われると腹立ちますよね?

だったら、自分一人でやればいいんです。

・練習内容にとやかく文句を付けられる

人それぞれ自分にあった練習のペースがあります。

例えば1日2時間がちょうどういいペースの人もいます。

でも、トレーナー的には『少ない』と文句をつけてくる人もいるでしょう。

いずれにしても、トレーナーの中には『自分が一番』『自分が絶対』という人もいます。

運悪くそういうトレーナーにあたってしまった時には・・・残念でした。

・自分で考えなくなるという問題点

photo credit: lrice via photopin cc

練習なんて本来、自分一人でもできるものです。

ただ多くのボイトレスクールに通っている生徒さんは、「トレーナーに上手くしてもらう」「トレーナーに教えてもらう」というスタンスの人が多すぎます。

でも、本来はそうじゃないんです。

あくまでもボイトレスクールは『アドバイスを貰う』所であり、「上手くしてもらう」所では無いんです。

もし、「通えば上手くなれる」と勘違いしている人がいるなら、その人は一生上手くなれないでしょう。

そういう人の場合、「考えて練習する」という部分の思考が停止しています。

・スクールに通うことは悪いことではない

photo credit: c_ambler via photopin cc

トレーナーに言われたメニューだけこなしている人は、通っている意味がありません。

自主性を持って、自分で考えて練習するべきです。

ちゃんと考えて練習できるのであれば、ぜひ通って下さい。

だけど、他力本願に「上手くしてもらう」スタンスなのであれば、金の無駄です。通うのはやめましょう。

賛否両論ある意見ではあります。

ただ、こういった意見もあることを認識して頂ければ幸いです。

スポンサーリンク