もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ボイトレをしているのに上達しない…。その原因は?

Old post
photo credit: Brandon Christopher Warren via photopin cc

上達しない原因は?

原因は色々あります。

しかし、自分が重要視している内容は、▼以下の通りです。

ただ闇雲に曲に合わせて歌っている。

曲を通しで歌っているだけでは、音程やリズムの精度を高めるのは難しいです。

1曲通しではなく、小節ごとに区切って練習する必要があります。

細かく練習していない。

楽器の練習を思い浮かべて下さい。

曲の練習をする時は、1小節や2小節単位に区切って練習する場合が多いです。

歌も、楽器の練習と同じで、小節ごとに細かく区切って音程の練習をすると精度が高まります。

発声そのものが悪い。

悪い発声でも高音域を出すことは可能です。

しかし、すぐ「疲れてしまったり、掠れてしまう」ことがあります。

高い声が出るからといって、上記のような症状が出るのであれば発声を再確認して下さい。

練習時間が少なすぎる。

自分では十分に練習しているつもりでも、全然練習時間が足りていないという人が多々います。

例えば、2~3時間練習して「十分やった!」と思っている人がいるとします。

十分やっているにもかかわらず、なかなか上達しないのであれば単純に練習時間を増やして下さい。

上達スピードは、練習時間に比例します。

大抵の場合、練習時間が少ない。

photo credit: BramstonePhotography via photopin cc

▲上記にいくつか、上達しない原因を述べましたが、思い当たることがあった人もいるでしょう。

自分は、ネット上でいろいろな人とボイトレに関してやりとりをしました。

その中で、上達しない原因の No.1 はやはり「練習時間が少ない」という事です。

スマートフォンをいじっている時間があるなら練習して下さい。

特に、SNSをやっている人は練習時間が少ない。

photo credit: mkhmarketing via photopin cc

Twitter、mixi、Facebook、LINE etc・・・ そういったSNSの類を頻繁にやっている人ほど練習時間は少ないです。

上達しない原因は、例を挙げればキリがないです。

しかし、多くの人に当てはまるのは「練習時間が少ない」という、この一点につきます。

勉強や、仕事や、無駄な人付き合いで忙しいこともあるでしょう。

しかし、言い訳をせずに無駄な時間を排除して、練習の仕方を自分なりに見なおして下さい。

タイトルとURLをコピーしました