もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

プロミュージシャンを目指すだけが、音楽をやる意義ではない!!

Old post

僕氏です。

今日は、何を書こうかというと・・・。 「プロミュージシャンを目指すだけが、音楽をやる意義ではない!!」 という事です。

プロミュージシャンを目指す・・・(略)ではない!!

どういうことかというと・・・。 まぁ、文字そのままの意味なので、実はそんなに深い意味じゃないです。

だけど、こういったやりとり多くないですか?

~パターン 1~

自分(10代~20代):「ヴォーカルやってます!!」
誰か:「へー、プロ目指してんの?」
自分:「はい、目指してます!」
誰か:「今から目指してプロなれるのかね~」
自分:「はぁ・・・。(うるせー、余計なお世話だし・・・。)」

 ~パターン 2~

自分(10代~20代):「ヴォーカルやってます!!」
誰か:「へー、プロ目指してんの?」
自分:「いや別に・・・」
誰か:「別に目指してないなら、そんなに本気になってボイトレする意味ないじゃ~ん(笑)」
自分:「はぁ・・・。 (うるせー、余計なお世話だし・・・。)」

多分、1回2回は、こういったやりとりを経験したことがあるんじゃないでしょうか?

プロだろうが、じゃ無かろうが、ボイトレするのはこっちの勝手!!

なんだか知らないけど、やったらめったら「プロ」という言葉にこだわっている人いますよね。

それはそれで結構なので、「趣味」でやりたい人もいるということを忘れて頂きたくないですね。

「プロを目指す」って言葉を武器に、自分と考えの合わない人を、ただ単に攻撃しているだけではないでしょうか?

なぜ、プロを目指していないと音楽をやってはいけないのか?

まぁ、これは自分が出会った人が強烈に変わり者だったかと推測できる話ですが、何かにつけて「プロ」にこだわっている人がいました。

その人的には、「音楽でプロを目指すくらいじゃないと、音楽をやる意味なんて無い!!やめちまえ!!!!」ってスタンスなんですよね。

別に、その人の考えならそれはそれでいいんですが、押し付けてくるんです。

しかも、その人自身が何を目指しているかといえばミュージシャンではなく、美容師・・・。

おい!!そもそもの業種ってか、根本的なジャンルが違うし・・・。

プロになった人が「趣味」と言うのと、素人が「趣味」と言うのは、重みが違う。

どっちに方が、重みがあると思いますか??

同じ回答だと嬉しい(^^)

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

素人!!

プロって答えた人はそれはそれで間違いとかじゃないんで、深く落ち込んで奈落の底まで叩き落とされたような雰囲気を強く醸(かも)し出しながら、「もう立ち直れない・・・」とか、今にも言い出しそうな顔しないで下さいね。

プロの人は、既にプロなので、趣味の範疇(はんちゅう)で歌ったり、演奏しても、結局プロの歌、演奏になっちゃうんです。

でも、素人が「趣味!!」と強く言い張れるなら、それはそれで立派なポリシーなんです!!

正直、今の自分は、ボイトレはどちらかと言えば趣味寄りです。

趣味でも、いいじゃないですか! そもそも、音楽って字をよく見て下さい。

を しむ

って書くんです。なので、純粋に今は音楽を楽しんでます!!

音楽は、切羽詰まってやるものだとは思います。

思いますが・・・ 身を粉にしてまでやるものではないです。

繰り返しますが、もちろん練習は切羽詰まって死ぬ気でやって下さい。

趣味でやるにしてもプロ目指すにしても、ココは譲れねぇートコロです。

じゃあ、また。

タイトルとURLをコピーしました