もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

意外とやってない!?音程を確実に合わせる練習方法 → → → テンポを落としてみよう!!

Old post
photo credit: torpore via photopin cc

こんにちは、僕氏です(^^)

最近、寒くなってきましたね…(>_<)

今回は、リアルタイムで自分がやっている「音程を「確実に合わせる」為の練習方法。」について話します。

よろしくお願いしますm(_ _)m

ギターやピアノの練習ではテンポを落として確実に弾けるまで練習する。

例えば、ギターやピアノの練習では、苦手な部分をテンポを落として練習する事があります。

だけど、歌となると意外と原曲のテンポのまま練習してる人が多いんじゃないかと思います。

たぶん…ですけど(汗)

歌うテンポを落として、アカペラで確実に音を合わせる!!

そこでオススメなのが「歌うテンポを落として、アカペラで確実に音を合わせる」練習です。

細かい練習ですが、これを繰り返していくと音が合いやすくなります!!

これは、間違いないです!!(^^)

歌詞やメロディを覚えたら後は、アカペラでひたすら部分練習!!

何十回か曲を聴けば、歌詞やメロディは覚えられると思うんですね(^^)

覚えたら、後はワンフレーズごとに大事に、大事に音程が合うようにアカペラで練習します。

最初は、スローテンポで地道に音を合わせていきます。

気が遠くなる作業ですが、上手くなるには逆に効率的ではないでしょうか(^^)b

また、メロディが判らなくなったら、原曲の該当部分を 10000回 聴いて叩き込んで下さい(^^)

ずっとCD音源と一緒に歌うのは、やっちゃダメなパターン…。

一番重要なのは、自分自身の基礎力です!!

いつまでも、いつまでも歌付きの原曲聞きながら練習するのは…アレだよね(^_^;)

自分の出した声を、聞きながら、感じながら音を合わせるようにした方が良いと思います!!

残念なことに、自分はアレなタイプの練習をしてたので…。

だから今、記事に書いている方法で練習中です!!(^^)

CD音源は、音程確認の参考程度にしときましょ!!

CD音源ってのはプロが作り上げた作品、商品です。

音程の参考にする程度に留めておいた方が良いかもしれません。

ずっと原曲と一緒に歌い続けると、歌手の癖が伝染して、モノマネになりがちです(^_^;)

結論…。

音程を外さない為には、スローテンポでの練習が効果的!!

ギター練習で「ゆっくりやって出来ない事は、早くやっても出来ない」と、よく言われます。

 

今回は、以上!!

ここまで、ありがとうございましたm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました