ミックスボイスは、出し方で声質が変わる / ポイントは『太さ』【参考音源】

こんにちは、ポポまるです!!

今回は『ミックスボイスは、出し方で声質が変わる / ポイントは『太さ』』というテーマで話していきます。

同じ曲で2パターンの声色の音源を用意しました(^^)

よろしくお願いしますm(_ _)m

・2パターンの音源を聴いてみてください!!

▼【1】喉仏を上げただけのノイジーなハミング発声の声色

純粋に、ノイジーなハミングのやり方だけで歌っています。

では、次は【1】の声にちょっと太さを足した声で歌ってみます。

▼【2】喉仏を上げノイズ感はキープしたまま太さを出した声色

ちなみに今回は2つの音源とも、イコライジング等の編集は一切していない完全アカペラです。

・違う声に聴こえるけど、基本は同じ!!

前者の【1】の方は、喉を締めているような発声にも聴こえるかもしれませんが、全く喉を締めている感覚はありません。純粋に裏声のまま喉仏を上げただけです。

後者の【2】は、【1】の出し方に、アクビをした時の喉の開きを付け足しました。

両方の音源とも、基本は ミックスボイスのやり方。裏声を地声のように聴こえさせるコツ。でも言っている様に『裏声を地声っぽくするには、裏声のまま喉仏を上げる』のがコツです。

・太さを出すにはアクビをした時の喉の開きを追加する!

喉仏を上げただけの【1】の声だと、人によっては『軽い声』『変な声』と感じる場合もあります。

でも、GN’Rアクセル・ローズや、AC/DC ブライアン・ジョンソン系の声を目指すなら【1】の発声。

VAN HALENサミー・ヘイガーや、BOWWOW人見元基 系の声を目指すなら【2】の声の様に、太さも強調してあげた方が安定感も出るかと思います。

基本とする発声はノイジーなハミングなんですが、理想とする声質は、『声の太さ』によって変わります。

ノイジーなハミングに関してはコチラをご覧下さい!!

https://crazy-shout.com/2014/09/3962/

https://crazy-shout.com/voice-training-course/falsetto-humming-noisy/

・あくび喉だけでは、太い裏声にしかならない。

あくび喉で裏声練習してても「地声っぽくない」と感じたことはありませんか?

そんな時は、太い裏声に『ノイズ感のあるハミング』の音を足してみてください。

たぶん、地声っぽくなりますよ(^^)

ちなみに『あくび喉だけでは、太い裏声にしかならない』に関しては後日、別の記事にしたいと思います!!

今回は、以上です!!

ここまで、ありがとうございましたm(_ _)m

・参考にしてきたボイトレ本


スポンサーリンク