闇雲に歌い込んでも、高い声は出せる様にならない…。【アカペラ音源有】

こんにちは、ポポまるです!!

今回は、『闇雲に歌い込んでも、高い声は出せる様にならない…。』をテーマに書いていこうと思います(^^)

よろしくお願いしますm(_ _)m

・高い声が出ても、歌は上手くならない。

一見、当たり前の様な事ですが、過去、自分自身が勘違いしていました(^_^;)

高い声を出す練習は『発声練習』で、歌を上手くするには『歌唱練習』をしないといけません。

まず、高い声が出せない人が、音域の高い曲をどんなに歌い込んでも、いつまで経ってもちゃんと歌えるようにはなりません。

・『発声練習』と『歌唱練習』は別物!!

『発声練習』『歌唱練習』は分離して考えて下さい!!

この2つを同時進行して「闇雲に、ひたすら歌いまくる」バカタレは…。

はい、過去の自分です(>_<)

・良くも悪くも、自分が歌った音源が参考になります…。

自分は高い声が出せます。音域で言うと、A5(ラ)までは出せます。なので、洋楽のロックやメタルも余裕で歌えます。叫べば瞬音でC6(ド)も何とか…。

あと、安定はしてませんがホイッスルを使えばA6(ラ)くらいまでなら出せます。

一般的な男性よりも高さが出る自分ですが、『歌った』カテゴリーの音源を聴いてみてもらえれば判りますが、決して上手くないです。音源によっては、酷評も酷評(笑)で、酷いもんですよ(^_^;)

一つ、参考に音源を貼っときましょうか…。

▼X-JAPAN『紅』の一部をアカペラで歌った。

・高い声が出なくて困ってるなら、歌の練習は一旦ストップ!!

まずは高い声が出なくて困っているなら、高い声を出せる様に『発声練習』をしましょう!!

地声(話し声)だと高いところが出せないけど、裏声でなら余裕で出せるって人は多いと思います。

問題は、裏声で歌ってもサマにならないって所です(^_^;)

  1. 地声(話し声)を高く出せるようにする → ×
  2. 裏声を地声っぽく聴こえさせる →

賛否両論ありますが、自分は↑の様な考え方で練習してます!

裏声を地声っぽく聴こえさせる練習方法は次の記事が参考になると思います(^^)b

・まとめ

『発声練習』と『歌唱練習』は別物!

高い声が出ない時点で、どんなに歌い込んでも、高い部分は出るようにならない(>_<)

という感じで、今回はまとめさせて頂きたいと思いますm(_ _)m

では、また(^^)/~~~

[DAISAKU]

[YUBA]

スポンサーリンク