もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

過去と現在の比較音源。高い声は絶対に出せる様になる。【音源】

Old post
photo credit: woodleywonderworks via photopin cc

この前、2010年頃に歌ったGLAY「Winter,again」の音源ファイルを発見した。

で、改めて同じ部分を歌って今と昔を比べてみたよ。

そしたら、明らかに発声が良くなっていて自分自身が違いに驚いた ! !

「高い声が出しやすくなった」事が「上達」含まれるのであれば、練習すれば確実に上達すると言う証明になる ! !

4年前は、G4(hiG)を出すのがキツかった。

onkai-hyouki

鍵盤

自分は、4年くらい前まではG4(mid2G)を出すのもキツかった。

無理やり喉仏を上げて締め上げれば、高さだけはB4(hiB)位までは出た。

しかし、当然使い物にならない声だ。

今は、スクリーム(シャウト)を含めれば、B5(hihiB)位は出る。

2010年頃と、2014年の発声比較。

まぁ、聴いてみてくれ。

明らかに違いが判るはずだ。

もしこれが判らないようなら…耳鼻科に行って来いw

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

2010年と2014年を別々にした音源。

▼2010年頃に歌った音源

▼2014年11月に歌った音源

2010年頃の発声は、完全に喉を締めあげて発声している。

そして、2014年11月の発声は、高い部分も楽に発声している。

自分自身の感覚は「楽な発声」だ。

練習すれば確実に「高い声」は出せる様になる。

僕氏よ。

ちゃんと練習すれば確実に「高い声」は出せる様になる。

それは、今の自分が証明だ。

例えば、

  • 「楽しければイイ!」
  • 「ノリが良ければイイ!」
  • 「そんなに上手くならなくていい」

って考えなら、今のままで良いんじゃない?

馬鹿ほどダラダラ時間を過ごし、芸能人気取り。

でも、上手くなりたいと思っている奴は別だ。

深夜まで、芸能人気取りで、SNSやツイキャスをやっている暇があるなら歌の練習する方がよっぽど生産的だ。

「音程覚える、発声練習する、楽器の練習する etc…」

馬鹿ほど何も考えてない。

考えればいくらでもやることはある。

ダラダラと時間を過ごすのは「もったいない」。

自分が、自分に「一喝 ! !」

「高い声」は、練習すれば確実に出るようになる。

ムダな時間を練習時間に当てろ ! !

SNSなどに、どうしてそこまで没頭できるのかは自分には理解できない。

まぁ、ソイツはソイツの人生を歩めばいい。

自分の知った事ではない ! !

お前は、お前の「道」を突き進んで行け。

じゃあな。

高い声を出すために参考にしてきたボイトレ本

タイトルとURLをコピーしました