もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ギター初心者による、超初心者向けの「ペンタトニックスケール」をそれっぽく弾けるコツ

Old post

拝啓、過去の自分へ。

お前は、まだギターのFコードも押さえられない状態だろうな。

Fコードは自分も苦労した…。でもギターのFコードの押さえ方のコツ(超初心者向け)の記事でコツを書いているから読んでみてくれ。

今回は、お前も知っている「ペンタトニックスケール」の話だ。

ペンタは知ってるけど「なんかカッコよく弾けない」「フレーズがダサい…」って感じになってないか?

まだまだ初心者の自分だが、カッコ良さげに弾くにはコツが有るんだ!!今回はソレを教えてやろう!!

それっぽく弾けるコツの動画(超初心者向け)

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

どうだ?解ったか?

ペンタをかっこ良くするコツは「チョーキング」

僕氏よ。

なにを隠そう、ペンタトニックスケールをかっこ良くするコツは「チョーキング」だ!!

音楽理論とか、そんな小難しいことは自分は知らない。

だけど、チョーキングを使うとなんかカッコ良くなるんだよな。

自分が、自分に「一喝!!」

とりあえず、パワーコードとチョーキングやっとけ!!

そうすりゃ、なんとかなる!!あと、ブルースロックはいっぱい聴いときな!!聴いて損はない!!

まぁ、厳密に言うと1度と4度の組み合わせは、パワーコードじゃない。

1度と5度の組み合わせがパワーコードらしいけど、まぁ­カッコイイからいいじゃん!!1度と4度の方が弾きやすいし。

まぁ、今日は専門外の分野だが、自分なりに解説してみた。

僕氏よ。

また、何かあれば聞きに来てくれ。

じゃあな。

タイトルとURLをコピーしました