切り換えないミックスボイスの練習方法
見る
スポンサーリンク

『タングトリル』『リップロール』が出来なくてもミックスボイスで歌える。

拝啓、過去の自分よ。

単刀直入に言おう。

『タングトリル』『リップロール』が出来なくても歌える。

以前、▼の記事を書いた。

ミックスボイス覚えたきゃ『リップロール』『タングトリル』『ハミング』は裏声でやりな。
ハミング、リップロール、タングトリルは、低い音域だと、普段話している喉声でも出せてしまう。ただ、高音域も普段の話し声のままリップロールをやっても『張り上げたリップロール』になるだけだ。

要は、裏声が出来れば『タングトリル』『リップロール』なんて必要ない。

・裏声を地声のように聴こえさせるのがミックスボイス。

ポポまるよ。

裏声を地声のような強さに聴こえさせるのがミックスボイスだ。

▼の記事にも書いてある。

ミックスボイスのコツ! 裏声の地声化は"喉仏"が重要なカギを握る
喉仏を少し上げるのが裏声を地声化させるコツです。

裏声を『鼻にかける』のがコツだ。

厳密に言えば『鼻声』『鼻にかける』事は違う。

ボイトレ本なら▼の本が参考になる。

・『鼻声』と『鼻にかける』の違い。

『鼻声』は詰まっているような声だ。

鼻にかけるってのは、こんな感じだ。

YouTube
YouTube

▲の参考音源のように出すのが『鼻にかける』って感覚だ。

・大抵の奴は『鼻声』と『鼻にかける』を混同している。

過去の自分よ。

お前には、混同してもらいたくない。

『鼻声』『鼻にかける』は全くの別物だ。

洋楽ROCKを歌いたいなら、間違いなく『鼻にかける』感覚を覚えろ! !

・リップロール、タングトリルが出来ても『鼻にかける』事が出来るとは限らない。

自分の言っている意味が解るなら、リップロール等が出来なくても問題ない事は判るはず。

要は、裏声が出せるのであれば、それで事足りる。

ミックスボイスは『裏声』が重要だ。

裏声が出せるのであれば、喉はリラックスしている状態な訳だ。

リラックスしているのに、リップロール等をやって、更にリラックスさせる必要性はない。

・自分が、自分に『一喝! !』

裏声が出せるなら『リップロール等』の練習は必要ない。

裏声を『鼻にかける』練習をして、地声のように聴こえさせる練習をするべきだ。

無駄に『リップロール等』に時間を割く必要は無い。

そんな感じだ。

とにかくROCK発声がしたいなら『鼻にかける』感覚を掴め。

それが、ミックスボイスのコツだ。

リップロール等は、裏声が出るなら必要ない。

じゃあな。

 

・ROCK発声は、ガチでこの本が役に立つ。

トップへ戻る