鼻エッジの方が、喉エッジ(呪怨エッジ)より楽にミックス習得できるかもしれない

LUM3N / Pixabay

エッジボイス・・・、エッジボイス・・・。
あ゛ぁ~~~~~~。。。

何やってんの~?(^o^)/

えっ?あぁ・・・、エッジボイスの練習だよ!!
あ゛あ゛ぁぁぁ~~~~・・・

・・・!!?
ねぇ、ナガセ君!!そのエッジボイスって “喉” で出してない?

あぁ、呪怨エッジってやつだよ。喉で出してるけど、何で?

ナガセ君!!その出し方・・・アウト~!!

えっ!?だって、2chの掲示板に・・・書いて・・・。

・『喉』で出す呪怨エッジボイスは間違い!?

※動画15分

エッジボイスの勘違い。呪怨みたく『喉』で出すんじゃない。『鼻』で出すんだよ ! !

今日は『エッジボイス』について話そうと思います。

ナガセ君がそうだったように、多くの人は “呪怨” の様に『喉』でエッジボイスを出しています。

でも、その出し方だと、張り上げ、締め上げ発声につながっちゃうんです。

・”呪怨エッジ” の延長で歌ってみた

実際にボクも、▼喉で出すエッジボイスで歌ってみました。(X JAPAN “Forever LOVE”)

【デモ音源】喉エッジから締め上げ発声で歌った。~X JAPAN "Forever LOVE"~

とても苦しそうに聴こえますね。もう・・・、酷いです。

・『鼻』で出すエッジボイス(輪郭のハッキリした裏声)と、喉で出すエッジボイスの音源。

今度は、鼻で出すエッジボイスの音源です。ただ “鼻で出すエッジボイス” と言ってしまうと語弊があります。

厳密には、『輪郭のハッキリした裏声』と言った方が最適かなって思います。

▼コチラ、”鼻で出すエッジボイス” の音源です。

輪郭がハッキリした、支えのある地声感の強い裏声【DEMO】

『鼻』で出すエッジボイスは、鼻の奥のほうでジリジリした感覚があります。

▼コチラは「喉で出すエッジボイス」のデモ音源です。

【デモ音源】喉で出す "呪怨" エッジボイス。

『喉』で出すエッジボイスと、『鼻』で出すエッジボイスは、声質も違いますよね?

実際に、発声している感覚も全く別物です。

やり方としては『鼻にかかった裏声』を出す感じでやると、“鼻エッジボイス” になります。

実は、鼻エッジの音色は “ロックな曲” と相性が良いんですね。

▼試しに鼻エッジを意識して歌ってみました!~X JAPAN “Forever LOVE”~

【デモ音源】鼻エッジ(輪郭のハッキリした裏声)からミックスボイスで歌った。~X JAPAN "Forever LOVE"~

ちなみに、高域倍音の方で「ジリジリ」したノイズみたないのが聴こえるはずです。

Forever Love Forever Dream
れる おもけが
げしくつなく 時間埋め尽く
Oh Tell me why

特に赤太文字の部分に「ジリジリ感」が際立っていると思います。

イヤホン、ヘッドホンをしないと分からないかもしれません。

ちなみに、▼は喉で出すエッジボイスで歌ったバージョンです。

【デモ音源】喉エッジから締め上げ発声で歌った。~X JAPAN "Forever LOVE"~

鼻エッジをベースにした歌声との違いは、一目瞭然ですね。

・しかし、その声では “J-POP” 系サウンドには合わないのでは?

確かに、このままのノイズ感のある声質だと “J-POP” 系サウンドには合わないかもしれませんし、合うかもしれません。

上手い人なら何でも合わせられると思いますが。

でも、発声の仕方をチョット柔らかくしてあげれば▼の様な感じで “J-POP” 系サウンドでもイケルと思います!!

――という訳で、▼EXILE “Ti Amo” を歌ってみました!

【デモ音源】輪郭のハッキリした裏声(鼻エッジ)で柔らかく歌った。~EXILE "Ti Amo"~

こんな感じで声色、鼻のかかり具合、太さは “慣れてくれば” 調整できるようになります。

エッジ感は『喉』じゃなくて『鼻』の使い方が大事

エッジ感は『喉』じゃなくて『鼻』が大事なんだ!

間違ったまま練習しても “締め上げ” “張り上げ” になるだけだ。

ちなみに『張り上げ発声』だと “裏声感” が抜けないんだ。
その原因は、地声感を「声帯閉鎖」で作り出そうとしているからなんだ。

“地声感” をアップさせるには『鼻でエッジ感を作る』事で解消されるよ。

今回は『中~高音域』に着目したが、低音域も「鼻エッジ」で発声するって事も伝えておく。

なるほどね~!ROCK にしても、J-POP にしても『鼻』ってのはカナリ重要なんだな!!


トップへ戻る