もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

スティーヴン・タイラーの声真似は、ハスキーボイスの練習になる。

Old post

拝啓、過去の自分よ。

久しぶりだな!!

今日は「ハスキーボイスの覚え方」的なヒントを教えようか。

スティーヴン・タイラーの声質をよく聴いてみてくれ

まずは、▼を聴いてくれ。

スティーヴン・タイラーのインタビュー動画だ。

声質をよく聴いてみてくれ。

この発声は、明らかに日本語の発声とは違う。

完全なる英語発声だ。

スティーヴン・タイラーの声は鼻にかかった裏声

ハスキーなミックスボイスは、この英語発声にヒントが隠されている。

スティーヴン・タイラーの声真似をしてもらいたい。

そうすると必然的に鼻にかかった裏声になる。

・・・

・・・

・・・

えっ?ならない?

それは、お前の勘所が悪いだけだ!!

練習しろ、練習!!

もう一度、聞いてみようか!!

この発声の仕方は、自分が提唱している「モスキート法」に通ずるところがある。

実は、歌声ってのは意外と変な声質だったりするんだな。

あとは、聴かせ方、ジャンル、歌いまわし etc… で、上手く聞こえるかどうかが決まってくる。

自分的にはスティーヴン・タイラーの声は変だとは思わないが、中には変と感じる人もいるだろう。

日本人歌手で良い例…桑田佳祐、平井堅、X-JAPANのTOSHI、氷川きよし、山崎まさよし、ABCのYASU (敬略)他にもいるが、この辺は参考になるだろう。

日本人のミックスボイスは張り上げ気味

なんにせよ、裏声を鼻にかけるのは、ミックスボイスの基本だ。

裏声を、前に飛ばすような感じで出すのは、どちらかと言うと張り上げミックスボイスに近い。

日本人のミックスボイスは張り上げ気味なのが多い。

だって、その声で洋楽ロック歌ってもサマにならないでしょ?

スティーヴン・タイラーの声真似をして、張り上げないミックスボイスの感覚を掴んでくれ!!

自分が、自分に「一喝 ! !」

裏声を鼻にかけるのは、ミックスボイスの基本だ。

自分が提唱している「モスキート法」で、スティーヴン・タイラーの声真似をして、張り上げないミックスボイスの感覚を掴んでくれ!!

まぁ、ざっくりといえばこんな感じだ。

あと、マイケル・ジャクソンのインタビュー動画も参考になるぞ。

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

じゃあな。

ROCK発声ならこの本だろ!!

タイトルとURLをコピーしました