ボイトレ独学の、最大メリットは「自由な練習時間」を得られること。

よう、元気か?

今日は、ボイトレを独学でやるメリットでも話すかな。

逆を言えば、ボイトレスクールに通う事の「無駄」を説いた内容でもある。

・自分は過去にボイトレスクールに通っていた。

まず、第一に自分は過去にボイトレスクールに通っていた時期がある。

年間40万円のボイトレスクールだ。

そこでは集団レッスンで、ハードロックを歌えるトレーナーは一人も居なかった。

これは通い始めて知ったことだから、もう引き返すことも出来なかった…。

・ボイトレスクールに通う「無駄」に気がついた。

money 金

で、まぁいろいろな経緯があってスクールには半年で行かなくなった。

色々と「無駄」だと思ったんだよな。

で、通わなくなった結果…。

  1. 週一日、往復2時間 → 1ヶ月に8時間の時間が出来た
  2. 電車賃2000円 → 1ヶ月に8000円も浮いた。
  3. 浮いた金で、カラオケのフリータイムに行けるようになった。

こんな感じだ。

・独学のメリット。

また、独学に切り替えたことで▼以下の様なメリットも出てきた。

  1. 自由な時間
  2. 自分のやりたいようにやれる
  3. 全て自己責任だから、人のせいにしなくなる
  4. オリジナルの練習ができる
  5. ダメでもトレーナーに怒られない
  6. 練習しなくても怒られない
  7. 練習内容をとやかく文句言われない
  8. 他にも色々・・・

とにかく、時間に縛られなくなったってのも大きなメリットだと自分は感じている。

自分がボイトレに関して「助言無用」を貫いているのは上記のメリットを知っているからだ。

自分に、アドバイスと言う大義名分を抱えて、偉そうに戯れ言を垂れ流してくる輩も少なかれ居る。

ただし、自分は他人の言うことほど当てにならない事を知っている。

ましてや、ボイストレーナーでもない奴に何が判ると言うんだ?

・自分が自分に『一喝!!』

ボイトレは独学でできる。

スクールに通うことで、費用対効果がちゃんと得られるのか今一度、考えなおしてみるのもいいかもな。

過去の自分よ。

ハードロックを歌いたいなら間違っても、POPS系のトレーナーに師事しても無意味だ。

その辺は、体験レッスンをしてトレーナーの実力を試しておいたほうが良いだろう。

じゃあな。

・独学なら、この2冊で事足りる。

スポンサーリンク