もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

新常識!? 裏声が出せるなら「リップロール・タングトリル」は必要ない / ただし地声でやるのは間違い

コラム:ボイトレに「+」

もしかしたら、「ボイトレの新常識」になるかもしれません。それは……「裏声が出せるならリップロール・タングトリルは必要ない」ということです。

リップロール・タングトリルの目的

リップロール、タングトリルは「喉をリラックスさせる」ことを目的としています。

ただ最近は、喉をリラックスさせることが目的ではなく「リップロール・タングトリルをやることが目的」の人が多いように感じます。

間違ったリップロール・タングトリルのやり方

リップロール、タングトリルの出し方の間違いとして一番多いのは、「地声(話し声)」でやってしまうことです。それでは、リラックスとは程遠いです。ミックスボイス習得以前の問題です。

裏声が出せるならそれでいい

結論、ミックスボイスの基礎は「裏声」です。よって、僕は「裏声が出せるのであれば、リップロール、タングトリルは不要」だと考えています。

リップロール、タングトリルは「裏声を出させる」ための一つのツールでしかありません。

タイトルとURLをコピーしました