低音域もミックスボイスを使おう~!!/BUMP OF CHICKENの『天体観測』を歌いながら解説してみた!!(18分)

https://youtu.be/HgRwdsvF7Ec

今回は、BUMP OF CHICKEN『天体観測』を歌いながらボクなりの解釈で解説してみました~!!

この歌は、全体的に低音域でなので前回▼UPした T-BOLAN『離したくはない』と共通する所があります。

https://crazy-shout.com/2017/07/8498/

『天体観測』は低音域なので比較的、歌いやすいですよね!!

では、以下▼動画のまとめです。

・低音域でも、ミックスボイスで歌おう!!

よく耳にするのが↓こんな感じ。

  • 低音域 → 地声(話し声)
  • 中音域、高音域 → ミックスボイス

こんな感じで、発声を切り換えて歌うってやり方です。

この曲って、地声でも歌えちゃう音域なんですよね。

だから、全体通して地声(話し声)の延長のまま歌っている人が多いと思います。

・基本発声は『低音裏声』をベースにして歌うようにしてみよう!!

低音域でも、地声じゃなく『ミックスボイス』で歌っていくことになります。

低音域のミックスボイスのやり方は↓の様な感覚です!!

  1. まず、裏声低音のハミングを出す。
  2. そのまま、喉仏を上にあげて、声を鼻にかける。
  3. 鼻にかかったその声をキープしたまま喉を広げる感じで、低域倍音を追加する。

そのまま、高音に突入しても基本発声は変わらないです!!

・なぜ、低音もミックスボイスで歌うのか?

それは、低音と高音の出し方が違うと、中間の音で換声点で切り替えることになるので声質が変わっちゃいます。

歌っている途中で声質が切り替わっちゃうのって変じゃないですか~?^^;

切り換え発声で『変な感じ』にならないようにするためにです。

・参考歌手:スティビー・ワンダー と、Ne-Yo

ちょっとだけボイトレスクールに通っていたことがあったんですがその時に『スティービー・ワンダーは低音からミックスを食い込ませてきている。』ってボイストレーナーからアドバイスを受けたことがあります。

▼To Feel The Fire / Stevie Wonder

To Feel The Fire / Stevie Wonder

▼Ne-Yo – Closer

Ne-Yo – Closer

つまり、ミックスボイスってのは高音で切り替えるもんじゃなくて最初から最後まで『ミックスボイスで歌う』ってことなんですね。

・ボクの解釈として・・・

歌をうたう時は、全体通して発声を切り替えることはなく、終始「ミックスボイス」で歌い続けるって事ですね(^o^)b

・・・

・・・

・・・

これがボクの解釈としても正しいのかなと思います、はい。

ではでは、また~

さようなら~ (^o^)/

《by ポポまる》

スポンサーリンク