高音エッジボイスを、裏声で鼻腔に響かせる感じで出すと張り上げ発声になりにくいかも!!

エッジボイスをやろうとすると、大抵の場合は「低音域」で出そうとしますよね?

でもでも、低音域のエッジボイスだと声帯を強く閉鎖しがちで「張り上げ発声」になりやすいかもしれないです、はい(^▽^;)(汗)

実際、ボクはそうでした・・・で、喉を痛めました (¯―¯;)

・エッジボイスは『高音域』で出すようにすると良いかも!!

ボクの体感的な話なので、多くに当てはまらないかもしれないけど・・・。

高音域で「エッジボイス」を出そうとすると、エッジ感が鼻腔の方に響きやすくなるのです!!

この、エッジ感を鼻腔に響かせる様な感覚だと、強い声帯閉鎖ではなく、程よい声帯閉鎖になるから張り上げ発声なりにくくなる。

・・・と、ボクの体感ではそんなふうに感じます(^o^)b

裏声 + エッジボイス = 地声っぽい声

まぁ、こんな感じですよね!!

・エッジのかけ方が重要!!

低音域で、胸に響かせるようなエッジボイスではなく、高音域で鼻腔にに響かせるようなエッジボイスが理想・・・、う~ん・・・、最適解って感じかな~。

やり方としては・・・。

  1. 高音域の裏声を出す。
  2. 喉仏を上げる。

この2つを同時にやると、鼻腔に響くエッジ感を得られるはずです(^o^)b

もし、ちゃんと出来ていたとしても、今までのエッジ感とは感覚がだいぶ違うところにあるから『変な声の感じ』がするかもしれないけど・・・、▼の様な声質に近ければ上手く出来てます!!

AC/DC – Back In Black (Official Video)

あとは、この声質を喉仏の上げ下げや、声の太さを調整することで声色、声音を自分の好みに作り上げていくって感じです。

要するに、最初に「極端な高音エッジボイス」を出してあげて、後から自分の喉でイコライジングして、低域倍音、中域倍音、広域倍音のバランスを設定するって感じ!!

う~ん・・・難しいよね~((+_+))

・イメージはイコライザーで音色を調整する感じ。

感覚としてはギターエフェクターのイコライザーで、トレブル、ミドル、バスを調節して自分の好みのトーン(音色)を作る感じなんだけど・・・。

こんな▼感じのモノで・・・


(画像クリックで Amazon)

この▼オッサンがギターの音色を変えているような感じ。

GRAPHIC EQUALIZER EQ700 Ultimate 7-Band Graphic Equalizer

って、余計わけわかんないよね~、ハハハ・・・(汗)(^▽^;)

・・・うん、やっぱり訳わからんよね (´;ω;`)ウッ…

スポンサーリンク