もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

今もまだ「換声点の克服」で悩んでますか?僕なりの、換声点の克服法をシェアします!!

Old post

今回は「換声点の克服のしかた」を話そうと思うよ♪
もし、参考になったらシェアしてね(^o^)/

 

ミックスボイスを使えるようになると高音域が楽に出せるようになるので、女性曲とかメタルとか、超ハイトーンの曲も歌えるようになってカラオケが凄く楽しくなりますよね(^o^)/

僕も実際に、高い声が出るようになったときは嬉しくて友だちの前でハイトーン曲ばっかり歌って引かれた経験があります(爆)(>o<)

ただ、ミックスボイス・・・出せるようになったけど地声(低音域)と融合しないって経験ありませんか?

つまり、換声点でひっかかってしまうって事です。

ミックスボイスを覚えたてだった時の僕の経験を踏まえて、「換声点」の克服のヒントをシェアしようと思います!!

地声とミックスボイスは融合しない。

 

「高音域は得意なんだけど、低音域と繋げようとすると「換声点」でつまづいちゃうんだよな~(汗)」

 

こういった状態の人は割と多いのではないでしょうか?(^▽^;)(汗)

実は、「地声とミックスボイス」は融合しません。

低音は地声、高音域はミックスボイスで歌っている場合、いつまで経っても換声点の克服は出来ないです。

でも、▼の様なイメージで発声を変えてあげると、換声点の克服は割と簡単にできるんです!!(^o^)b

チェスト~ヘッドまで、全音域を地声っぽい裏声にしてあげることで、換声点は無くなる、またはカナリ目立たなくなります!!

僕の経験上の話だけどね!!(^o^)

お前の経験を話されてもなぁ・・・。

この黄色玉、イチイチうるせぇ~(# ゚Д゚)ゴラァ

 

「チェスト|ミドル & ヘッド」と分離している人は、チェストも裏声化させてみよう!!

換声点が出てしまう理由として僕は、こう考えています。

低音域 ~ 高音域 まで発声法の統一ができていない。

つまり、低音は地声(話声)で発声し、中音~高音は裏声をベースにした発声をしている。

という事です。

ミックスボイスを覚えたての人が「高音域は出るのに、低音域が出しにくい。」というのは、発声の仕方が音域ごとに分離していることが原因のことが多いです。

って言うか、僕自身がそうだったんだよね・・・(^▽^;)(汗)

 

なので、低音域も裏声をベースに発声して地声っぽく聞こえさせる練習をするといいでしょう~!!(^o^)/

歌には、低音域の裏声が・・・とても大事なのだ!!
...

 

何かあれば、フォーラムやコメント欄へどうぞ(^o^)b

 

タイトルとURLをコピーしました