もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

ミックスボイスは、声量があればいいって問題でもない。あるに越したことはないけどね!

Old post

ついこの間、YouTube の方に↓こんな質問が来ました。

肝心の動画は↓こちらの動画です!

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

この動画では2種類の声を使い分けて “君が代” を歌っています。

質問者の方が、どちらの声質に対して「声量が出るか?」を聞いてきたのか、真意はわからないんですが、どちらにせよ声量はカナリある方だと思います。

 

まぁ、今回の質問者さんの話とは別のことなんですが・・・。

ミックスボイス = 声量が無いとダメ

これ、大きな勘違いなんですよね~(^▽^;)(汗)

 

ミックスボイスだからって大きな声が出りゃいいって訳でもないです。

ぶっちゃけた話、低音域を大きな声量で歌う歌手なんて・・・まぁいません。

僕の経験上は、という前提ですが。

 

ただ、ある程度の音域になると勝手に声量は出ますね~、僕の場合は、ですが(^▽^;)(汗)

声量がある = 大きな声

まぁ、これもミックスボイス(歌声)における大きな勘違いの一つです。

歌声において「声量がある」ってのは鼻腔共鳴もともなっている必要があります。

大きな声でいいのであれば、怒鳴り声ですらOKって事になってしまいますよね。

でも、歌では怒鳴り声を出すことはない。

 

よく、洋楽のロック歌手、ブルーズ歌手、R&B歌手とかは唸るような、怒鳴っているような声を出したりしますが・・・、別に怒鳴っているわけではないです!

どうやって出すかは割愛しますが、裏声をベースにした声を鼻で唸らせる感じとでも言っておきましょう。

 

話が逸れましたね・・・(汗)m(_ _)m

とにかく、ミックスボイス(歌声)は大きけりゃいいって問題ではないってことです。

声量を気にしている時点で、論点がずれていると言っても過言ではないですね・・・。

 

タイトルとURLをコピーしました