もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

YouTube の低評価は「悪」ではなく、むしろダメな自分を向上させるための「応援、叱咤激励」だと思う!!

Old post

YouTubeにアップした動画に低評価をされる・・・。

まぁ、結構悲しくなります。慣れれば、何てことはないんですけどね(^▽^;)(汗)

 

ただ、「低評価」を付ける側の心境を、僕自身が低評価をつける立場だったとしたら?

って感じで考えてみました。

 

たぶん、多くの「低評価」って、「その動画をアップしている人を否定しているわけではない」んだと思います。

まぁ、中には動画をアップしている人の事が嫌いで低評価を付ける奴もいるとは思います。残念ながら・・・。

 

低評価を付ける感覚として▼の様な感じじゃないでしょうかね?

自分の好きな何かと比べて、アップされている動画のほうがクオリティが低いから低評価を付ける。

こういった側面もあるんじゃないかと思います。

つまり、自分の動画と、他の動画を対比されて、自分の動画のほうがレベルが低いって思われたから低評価を付けられたって感じです。

 

まぁ、僕の場合、単純に歌がヘタって理由で低評価を付けられているだけだと思いますが・・・、でも、「ヘタ」って判断ってどうやってしているんでしょう?

結局は、僕が歌った「紅」と、本家の「紅」、僕より上手い人の「紅」を比較した結果、僕の歌った動画は「低評価」って感じだと思います。

 

低評価は、自分自身を否定された気分になるから「嫌な気持ち」になるんです。

でも、低評価にはそれなりの価値が有ると思います。

低評価をもらったことで落ち込んでいる暇があったら、もっとクオリティの高い動画を作れるように精進するべきだし、まぁ僕の場合は「もっと上手く歌えるようになること」だと思うんですよね。

 

動画をアップしている立場、発信者の立場であれば・・・。

 

「低評価 = お前の動画はダメだ、お前はダメだ!」

 

って考えるんじゃなくて、

 

「低評価 = もっとクオリティの高い動画作れよ!お前なら、もっと上を目指せるはずだ!」

 

って言う、ある意味「応援」だと思えば良いんじゃないでしょうかね?

とはいえ、そう簡単に割り切れることではないですけどね。それは分かってます(^▽^;)(汗)

でも、低評価を単純に「ネガティブなもの」と捉えるよりは、低評価を「ポジティブなもの(応援、叱咤激励)」って考えるほうが、よっぽど精神衛生上良いと思うし、生産的だと思うんですね!!(^o^)v

 

ただ単に低評価を「ネガティブな悪」と捉えていつまでもクヨクヨしてんなら、アップするのを止めたほうが賢明かもしれないです。

もし、発信者としての「自分」を向上させたいのであれば、低評価は「価値のある評価」だと、僕は思います!!(^o^)b

 

低評価を真摯に受け止め、歯を食いしばって頑張ったやつが「上に登っていける」んじゃないかと、そんなふうに信じています!!

 

タイトルとURLをコピーしました