スポンサーリンク

【レビュー】ミックスボイス習得にオススメの本/『ボーカリストのための 高い声の出し方』著:DAISAKU

ボイストレーナー DAISAKU氏 の名前をボイトレをしている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ボクがこのボイトレ本を買った理由は一つ。「ホイッスルボイスが出したかった。」コレだけの理由です。それだけ、究極の高い声へのあこがれが強かったんです。

スポンサーリンク

・全87ページのシンプル・イズ・ベストなボイトレ本【レッスンCD付】

結論をお話しますと、この本は『無駄を省き必要なことだけ書いた本』であると言えます。

すごいホイッスルボイス!

このホイッスルを聴いて、ボクは「よし、ボクもホイッスル出せるように頑張ろう!!」って思って練習したのは懐かしい思い出です。

スポンサーリンク

・ニェイニェイエクササイズは高音習得にオススメ

ニェイニェイエクササイズ? 何だそれ? って感じですよね。まずは、DAISAKU氏のデモ音源を聴いてみて下さい。

ニェイニェイエクササイズのデモ音源

この「変な声」が高音習得にとても有効な練習方法なんです。ボク自身が動画内でいつも発している「鼻にかかった声」の原型はDAISAKU氏のニェイニェイエクササイズです。

・ニェイニェイエクササイズには落とし穴が

DAISAKU氏のニェイニェイエクササイズの音源を聴いた人はおそらく直感的に「地声」だと感じたと思いますが、そこが落とし穴なんです。このニェイニェイエクササイズは裏声でやる必要があります。DAISAKU氏の発している音域は地声でも出せてしまうんです。

ニェイニェイエクササイズを地声で練習してしまうと「このボイトレ本じゃミックスは習得できない。」と挫折の原因になりやすいです。実は、ボクもその一人でした。この本に一つ付け足すならば……

『低音域も裏声でやりましょう。』

この一言があるだけでフースラーメソードに並ぶ良本になれたのではないでしょうか。

武田梵声 フースラー流 実践ボイストレーニング「純粋な裏声と純粋な地声」

支えのある裏声と、ニェイニェイエクササイズは同じなんです。

スポンサーリンク

・DAISAKU氏の本は「初心者向け」ではない

この本は初心者向けではないと感じています。それはボク自身が初心者だった頃は、この本の内容を理解することが出来なかったからです。

しかし、初心者でも『裏声でエクササイズを進める』ということが分かっていれば、強い味方になる本だと思います。ボクは、エクササイズを『裏声でやったほうがいい』ということに購入してから3年後に気が付きました。

スポンサーリンク

・普遍的な内容は、今でも変わることがない

発売されたのは2008年です。しかし、内容は今でも通用します。人気YouTubeボイストレーナーのアドバイスも、この本の内容とほぼ同じことです。

スポンサーリンク

・付属CDのオススメの音源

ハミングエクササイズB
ニェイニェイエクササイズ
チェストボイスA・B
ヘッドボイス
ミックスボイス

この音源を聴いただけでミックスボイスを習得できる人はいないと思います。ただ、今からお伝えする内容を実行してもらえれば、このボイトレ本では全エクササイズを『裏声をベース』でやることでミックスボイスの習得が早まると考えています。

  1. 裏声でハミングをやります。
  2. 裏声で、ニェイニェイをやります。
  3. 裏声ニェイニェイの延長でヘッドボイスをやります。
  4. 裏声ニェイニェイで低音域のチェストをやります。
  5. 最後にミックスボイスです。

全音域を裏声ベースにすることで、今まで【低音域~|換声点|~高音域】と換声点でひっかかっていたのがスムーズに繋がるようになるはずです。出回っているボイトレ本の中ではかなりシンプルな内容だと思います。ぜひ検討してみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました