もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

「このボイトレ本はダメだ!」「あのボイストレーナーはダメだ!」・・・ちょっと待って!!自分の「練習不足」はダメじゃないの?

Old post

ボイトレ本を、コロコロ買い換えたり、色んなメソッドに手を出しまくってる人ってのは、結局「出来ない言い訳」を探している部分があるんじゃないかって思います。

実際に、僕もそんなタイプだったので・・・(^▽^;)(汗)

 

まぁ、僕も「あれはダメだ~、コレはダメだ~」って感じでボイトレに関して、ボイトレ本、エクササイズ、メッソドのせいにして言い訳していた時があるんですよね(,,> <,,)

情けない話ですが・・・(笑)

 

たしかに、うまく発声できない、高い声が出せない・・・、それは「本やメソッドが悪いんだ!」「ボイストレーナーが悪いんだ!」って思いたくなる気持ちはわかります。

その方が「自分は悪くない」って無意識に思えますからね。

 

でも、結局どんなエクササイズにしても、メソッドにしても、ボイストレーナーにしても、これだけは変わらないと思うんですよね。

 

「練習するのは自分の問題。うまく出来ないのも自分の問題。」

 

結構、キツイ言葉だと思います。

色んな物、人のせいにしてきた僕だからこそ言える部分ではある思います。

まぁ、過去の僕への戒めって部分も含めてね(笑)

 

ボイトレ本なんて、基本的に言っていることは同じなんです。

「いや違う。○○メソッドは根本が違う!」

とか、言われそうで恐いんですけど~(^▽^;)(汗)

実際に、僕より出来ていない人に反論されても・・・開いた口が塞がらない・・・(汗)

 

まぁ、何が言いたいかというと・・・。

結局のところ、「出来ない」ってのは発声障害でもない限り、「ただ単に練習不足」ってだけって事です。

 

フースラーメソード、弓場メソッド、shougo TV、山本大樹さん、DAISAKUさん・・・多くの、ボイトレ本、ボイストレーナーが共通して言っていることがありますよね?

 

それは、「裏声」です。

 

この裏声を、いかにして地声っぽく聞こえさせるのか?

これが重要なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました