“支えのある裏声” で換声点を押し下げて克服しちゃおう!!

こんな悩み▼を抱えている人は多いと思います。

『どうしても “地声” と “ミックスボイス” の中間で声が裏返っちゃう。』

『どうやったら、換声点の克服ができるんだ?』

歌で『鬼門』とされているのが “換声点の克服” です。

ところでアナタは歌う時に、低音域は “地声(話声)” で、高い部分は “ミックスボイス” で歌おうとしていませんか?

『ドキッ!?自分、そうなんだけど(^▽^;)(汗)』

そう思った人もいるかもしれないですね(笑)

いや、実は “換声点を簡単に克服” 出来るかもしれない方法を思いついたので共有しようかなと思います(^o^)/

どうやるのか・・・、気になりますよね?

ではまず、高音域で “支えのある裏声” を発声してみて下さい!!

『支えのある裏声・・・??? 』 

▼こんな声です(^o^)/

https://youtu.be/6NUMgGRl034

この声が、換声点を克服するためのキーになってきます!!

・ボクなりに “換声点” を目立たなくさせる方法を解説してみた!!

念のため言っておくけど・・・、ボクの感覚の話なので・・・(^▽^;)(汗)
あくまで、参考程度にってことで!!m(_ _)m

https://youtu.be/xv8AfvDBUy8

ポイントは・・・

  1. 高音域で “支えのある地声感の強い裏声” を発声する。
  2. その声をキープしたまま、音域を下げていく。
  3. 低音域でも “支えのある地声感の強い裏声” のまま発声する。

こんな感じです!!(,,> <,,)

相変わらず解りにくいな~。
みんな、ゴメンな!!

なんだよ~、解りにくいって!!ヽ(`Д´)ノプンプン

・支えのある裏声を使って “換声点” を押し下げちゃおう!!

この方法は、低音域も裏声で発声することを目的にしています。
なので、実際に換声点が無くなる訳ではないです。

感覚的「無くす」「押し下げる」「目立たなくする」って感じって訳だな?

そういうことかな!(,,> <,,)

▼イメージとしてはこんな感じです。

全音域を、支えのある裏声で発声することで “実質、換声点が無くなる” 的な発想です!!

まぁ、「実質、無料!!」みたいな感じです(^▽^;)(汗)

よかったら参考にしてみて下さい(,,> <,,)♪

参考にねぇ・・・。

スポンサーリンク