『AAA 西島隆弘』or『外人歌手』のどっちがミックスボイス?アナタは “裏声感覚” を聴き採れるか?!

ミックスボイスの感覚を養うには “発声練習” をするのが一番なんですが・・・。

それと同じくらいに “耳で聴いた時のミックスボイスの感覚” も大事なんですね!!

発声と、聴覚は密接に関係していますよね?

例えば、大音量で音楽を聴きながら喋ると・・・?

自分の声が凄く大きくなっています(笑)

そんな感じで、ミックスボイスの感覚は “喉の使い方” だけではなく “耳で聴いた感覚” も重要になってきます!!

・・・

・・・

・・・

ここで、1つ質問です。

アナタにとって “最高のミックスボイスの歌手” は?

・耳で聴く “ミックスボイスの感覚” とは?

なぁ? “耳で聴くミックスボイスの感覚” って何だ?

うーん((+_+))
オレにもよく分からん・・・。ポポまる の言うことだから、あまりアテにするな、ナガセ。

黄色いの!後で裏来いよ!(^o^#)
じゃあ、早速 “耳で聴くミックスボイスの感覚” ってのをやってみよう!!

じゃあ、2人の歌手の声を聴いて、どっちがミックスボイスかを当ててみてね!!

・”AAA 西島隆弘さん” と “外人ロック歌手” どっちがミックスボイス?

AAA ニッシーさんと、外人ロック歌手の声を聴き比べてみて下さい!!

どちらが、“本当のミックスボイス” でしょうか?(^o^)/

① AAA ニッシーさん の歌声

https://youtu.be/763mPTLNzPY

透き通ったガラスのような声で上手いね!!さすがavexの花形歌手♪

ってか、上手いとか言うのが失礼なくらいだな。

では▼次に、ある外人ロック歌手の声を!!

② とある洋楽ロック歌手の歌声

https://youtu.be/bTfZwx-nb2I?t=127

・・・ん? なんか・・・ニッシーと違う・・・(汗)

ミックスボイスと言うには、ちょっと “鼻声過ぎる” 気がする。
ていうか、そもそも発声自体がおかしいんじゃね?
それに、外人だし・・・^^;
ってか、自分、洋楽聴かないし・・・。

つまり、ナガセは “ニッシーの声のほうが好み” って感じか?

まぁ、そうだね。ニッシーの声のほうが好みかな(^o^)

じゃあ、どっちが “ミックスボイス” だと思う?

そりゃ~、ニッシーに決まってんじゃん(^o^)b

・・・では、答え を!!

・日本人ボイトレ戦士達が “ミックスボイスの声質” に固定観念を持っている。

ちなみに、ナガセ君 は普段はJ-POPをメインで聴いています。

一方で、ポポまる は洋楽ロックばっかり聴いています。

ここは公平に、オレから話そう。
つまりは、2人の耳の感覚に相違があるという訳だ。

AAAのニッシーさんは、今や多くの若者から支持され “憧れの存在” になっています。

極端なことを言えば、若い人たちの中でニッシーさんの声は “ミックスボイスの標準” になっていると言っても過言ではありません。

一方、外人歌手の方は?

聴き慣れない声質で、不快に感じた人もいるかもしれませんね(^▽^;)(汗)

では、本題の “どっちがミックスボイスなのか?” の答えですが・・・。

 

↓↓↓

 

↓↓↓

 

↓↓↓

 

↓↓↓

 

↓↓↓

 

↓↓↓

 

↓↓↓

両方、ミックスボイスです。

・まさか!?普段聴いている声が “自分の「ミックスボイス標準」” になっている!?

では、ここで改めてアナタに質問です。

アナタにとって “最高のミックスボイス” の歌手は?

もし、この質問に対して「J-POP」の歌手に偏っているのであれば、アナタの “ミックスボイスの感覚” は固定観念があると言えます。

▼の声を聴いてみてください。(ボクの発声)

https://youtu.be/6NUMgGRl034

この声がミックスボイスの種になるなんて、一体誰が思うでしょうか?

ちなみに、この『変な声』が▼に変わります。(ボクの歌唱音源)

https://youtu.be/lCtoEVXBAys

所々、ジリジリとしたノイズの様な音が入っていたと思います。特に『い行』で。

これはマイク割れでもなく、録音時のノイズでもないです。

ボクが意図的に鼻で作り出したノイズです。

これは、ボクなりの “ロック発声” ですm(_ _)m

『この声はミックスボイスではない。』と言う方もいるのは承知しています!

では、ここでミックスボイスの定義を『あからさまな裏声に聴こえなければ良い!!』とするなら・・・?

ボクの声も、紹介した外人も、ミックスボイス(歌声)ということになります。

・洋楽歌手の鼻にかかった発声は “ミックスボイス習得” の鍵になる!?

ボクが洋楽ロックが好きだからゴリ押ししてるんじゃないか?

そう思う方もいるかもしれませんが・・・そうではないので、ご安心下さい(^▽^;)(汗)

ホントに、洋楽歌手の発声は “ミックスボイス” のヒントが散りばめられているんです!!

▼この曲を聴いてみて下さい!ミックスボイスのヒントの宝庫ですよ!!

U.S.A. For Africa – We Are the World

あぁ・・・!!

ヒントが・・・!!

ヒントが散りばめられすぎている!!!!

この曲を聴いて、ミックスボイスのヒントを感じない人は・・・。

ポポまる・・・、オレが言うよ。
この曲を聴いて発声のヒントを感じられない場合、君の耳はまだ “ミックスボイス” を聴き採れる耳ではないって事だ。

・余談:実は “フースラーメソード” でも・・・

武田梵声 フースラー流 実践ボイストレーニング「純粋な裏声と純粋な地声」

 フースラーメソードの第一人者である “武田梵声 先生” も「支えのある強くなった裏声」の練習を教則DVD内で紹介しているくらいです。

↑の、マイコージャクソンの “We Are the World” で歌っている歌手の多くは「支えのある強くなった裏声」の様な声で歌っている人が、実に、実に多いです!!

・耳で聴くミックスボイスの感覚を養うには「洋楽ロック」がベターでは?

ミックスボイスの感覚を養うには、まず洋楽ROCK歌手の発声は非常に参考になると思います。

理由は「J-POP歌手よりも極端な声色の歌手が多いから」です。

まさに↓の歌手の声なんて、武田梵声 先生 の「支えのある強くなった裏声」で歌っているではありませんか(笑)

Judas Priest – Painkiller

まず、ミックスボイスの発声、感覚を掴むには↑の歌手くらい極端に鼻にかかった声が出せた方が有利ですね(^o^)/

つまり、これぐらい鼻にかけられれば↓のような柔らかい声も自在にコントロールすることがしやすくなります(^o^)b

平井 堅 『ノンフィクション』MUSIC VIDEO (Short Ver.)

とは言え、平井堅さんもけっこう鼻にかかった声してるよな(笑)

確かに、鼻にかかってるな。

“鼻に響いてる” っていうんだよ!!

・色んな “ミックスボイスの声質” に聴き慣れよう!! 

ミックスボイスと一言に言っても、色々な声質があるのが▼の曲で、ご理解頂けたと思います(^o^)b

U.S.A. For Africa – We Are the World

1つの声質だけに「こだわり」を持つこと・・・、それもまた “最適解” ではあります。

また、色んな声質に着目(着聴)することも “最適解” だと思います。

『何が正解で、何が間違いか?』

ボイトレと言うのは、そんな狭い次元で語り尽くせるものではないとボクは思っています。

それ故に、多くのボイトレ戦士達には “幅広く聴き採れる耳” の感覚を、ぜひ養っていただきたいです(^o^)/

なるほどね~、じゃあ自分も洋楽聴いてみるかな♪
ポポまる~、オススメ教えて!!(^o^)b

じゃあ、▼この辺とか最近のロックって感じでカッコイイと思うよ♪

Sixx:A.M. – Stars (Official Video)
スポンサーリンク