もしかしてお悩みですか?

「高い声で歌いたい…」
「換声点が克服できない…」
「練習に挫折しそう…」

実はミックスボイスって――

「裏声を地声っぽくする」

これだけなんです!

\ もっと詳しく /

発声の理論や理屈を知ったところで・・・、ぶっちゃけ歌って上手くならないよね。

Old post

うーん、最近良く思うことがある。

最近のボイトレって、やたら「発声の理論」とか「発声の理屈」とか・・・そんなんばっかりな気がする。

僕が、そういう情報に勝手に振り回されているだけかもしれないけど(^▽^;)(汗)

 

でも、一昔前は「理論、理論、理論・・・」って感じではなかった気がするんだよね~。

 

まぁ、10年以上前の話だけど(笑)

 

高い声を出すのに、そんなに「理論」って必要なのかな?

あれに似てる気がする。音楽理論!

 

音楽理論って、音楽を創るために出来たものじゃないくて、「音楽をより深く知り、楽しむためのもの」確かそんな感じだったはず。

 

「発声の理論」もそんな感じじゃないかな?

でも、発声の理論や理屈を知ったところで・・・、ぶっちゃけ歌って上手くならないよね。

最近のボイトレ戦士たちは・・・、「理論や理屈ばかりを重要視しているのでは?」って感じてしまうくらいに、各種ボイトレ本など「理論、理屈」って言ってるし書いているよね。

 

理論、理屈を覚えている暇があるなら、僕は練習をします(笑)

 

まぁ、どうやってボイストレーニングをやるかは人それぞれだけどね~(^▽^;)(汗)

 

タイトルとURLをコピーしました