「ハスキーボイス」に近づけるなら “スガシカオ” と “TOSHI(X JAPAN)” が参考になる。またその練習方法も

ハスキーボイスに近づけようと練習したけど、「スカスカの裏声」にしかならなかった……そんな経験はないでしょうか?

地声感はそのままに、掠れた感じを出すにはどうすればいいか? ここでは、ハスキーボイスの練習にあたり「参考にした歌手と、練習方法(簡略版)」を書いていきます。

※ここからはミックスボイスが出せることを前提に話を進めていきます。

■参考にした歌手

私が参考にした歌手は、スガシカオさんと、X JAPANの TOSHIさんです。お二人ともハスキーボイスに部類される声だと、私は考えています。

▼スガシカオ「アシンメトリー」

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / アシンメトリー
スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / アシンメトリー – YouTube

「地声でハッキリ歌う」というよりも「息を地声に近づけるように歌う」感じに聞こえます。

▼X JAPAN「Forever Love」

X Japan – Forever Love
X Japan – Forever Love – YouTube

TOSHIさんの場合も「息を地声に近づけた声」に聞こえます。ただしスガシカオさんよりも、さらに鼻にかかっているような気がします。言い換えると「息っぽいキンキンした声」です。

■「地声」ではなく「息」で歌う

では、練習方法です。私はお二人の発声を参考に、「スカスカの裏声を地声っぽくする」というアプローチで練習をしていきました。

まず、大量に息が漏れた「スカスカの裏声」を発声します。そのまま喉仏を上げると声帯が少し閉鎖し、「スカスカの裏声」から「少し強い裏声」に変化すると思います。

「少し強い裏声」が出せるようになったら、あとは参考歌手の声を聞いて練習・試行錯誤を繰り返しましょう。

試行錯誤といっても、何を試したらいいのか分からない人もいるかもしれません。そんな時は、喉を開く、声を鼻にかけるなどを試してみてください。

参照元:アシンメトリー – YouTube / Forever Love – YouTube
文章:P丸

タイトルとURLをコピーしました